スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書(スピリチュアル)

本山博 著『スピリチュアリティの真実』 (その2) #spiritualjp

STさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。

それと翠さんのと私の能力の間でちょっと異質なものを感じます。
私からみるとESPかどうか疑わしいものも範疇に入れてる感じも…

それと「神」なんかも私の中では半分概念化してるところがあり
もう1つ上位の括りとして「集団的無意識」の考えで行ってます。

あと「誰もがESPやPKを持っているが気付かず、覚醒もしない人が
大部分なのだ。」と言うのが当っているとして、どうしてこうも
気付いて覚醒した人が少数なのか… 今の所は「バケモノ扱い」。
特に今の医学では「統合失調症」だとされかねないと言う現実…



われわれはどうやら「生前にシナリオを書いて、そのシナリオを実現できる遺伝子と家庭環境を得るため、両親を選んで受胎する」らしいです。
これについては、以前の記事で書いております。
それが真実ならば、「覚醒する」というシナリオを書いている人だけが覚醒し、大まかな時期を決めて生まれてくるようですから、そのシナリオに沿って覚醒するのではないでしょうか。

「統合失調症」などのレッテルを貼って狂人として分類するのは、単に現実生活を営めない方については言外ですが、「羊」として管理しにくいし、他人に影響を及ぼすのを防止するためではないでしょうか。
大げさに言ってしまえば、中世の魔女狩りと同じ、為政者のやり方ですね。

コメントに関連して、スピリチュアル界の大御所である本山博氏の絶版著『スピリチュアリティの真実』書評に絡めて、回答させていただきたいと思います。

こちらは現在絶版ですのでAmazonなどから古書として取り寄せることができます。

著者の本山博氏は、「魂」や「霊」を科学的かつ実践的に探究してきた世界的な研究者であり、実際にヨーガを長年深く実践されるうちクンダリ二ーが昇華され、神道に近い宗教的な組織(神社の様なもの)を営まれ、相談者の相談に乗っていた経験をお持ちです。

この著書の中では、超能力を得る目的だけで徒にクンダリ二ーの昇華を目指すことが生命の危機を招くことも指摘されています。この点については、わたしの以前の記事のうち、「クンダリーニ症候群」クンダリーニ・エネルギーが昇華できず、停滞してしまうことの危険性」および「読了:本山博著『スピリチュアリティの真実』」をご参照ください。

この著書の中で、本山博氏は「クンダリニー覚醒のステップ」は、大きく分けて六段階あると述べます。
わたしは昨春何も知らずにクンダリニーが昇華してしまいましたが、どうやら四段階目だったようです。
四段階目では、アストラル体としてのスピリチュアル能力(いわゆるESPとPK)が目覚めるとあります。

著者の本山氏はこの上の、カラーナ体でのクンダリ二ーが昇華されたため、アストラル体以上に意識が拡大し、いわば神の領域まで認識が可能となったようです。

ただし、カラーナ体でクンダリ二ーが昇華する際、肉体もアストラル体も焼き切って大けがを負い、死に到ることもまれではないと指摘されています。

そういった危険を未然に防ぐためには、常に氣の流れを整えておく必要があります。同著の巻末には著者が考案した「本山式経絡体操」が図解されているほどです。

本山博 著『スピリチュアリティの真実』のクンダリーニ昇華の段階について、イラストを含めた本文の抜粋が見つかりました。アストラルプロジェクション、カラーナ次元の解脱(悟り)の様子も見られます。
イラストと本文の抜粋はこちら

この著書を皮切りに、同じ著者の「神秘体験の種々相」などに読み進められると面白いかと存じます。

『スピリチュアリティの真実』Amazonの内容より。

スピリチュアル・ブームとなって久しいが、それを批判する人、推奨する人と意見が分かれている。しかし、どちらの意見も一面的な印象がある。もとより目に見えない世界ではあるが、スピリチュアルな世界とは本当のところはどうなっているのか。本書は、こうした疑問に答えるべく、「魂」や「霊」を科学的かつ実践的に探究してきた世界的な研究者が、人間存在のあり方とスピリチュアリティについての核心を語るとともに、我々はいかに生きるべきかを提示する。
全体の構成は、(1)「スピリチュアルな世界とは」、(2)「人間とはどのような存在か」、(3)「スピリチュアルな世界を科学する」、(4)「スピリチュアリズムと宗教」、(5)「これからのスピリチュアルな生き方と、それを超えていく道」の5章から成る。オーラやチャクラは存在するのか、といった素朴な疑問から、魂の存在証明まで、興味深い話が次々と展開される。
京セラ名誉会長の稲盛和夫氏らが推薦する本。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。