スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三の目の覚醒

ロールプレイング・ゲームはおしまいです。イマジネーションで現実を創造する、新たなゲームのスタートです。

昨日の記事のコメント欄で、「さあ、ロールプレイング・ゲームはおしまいです。イマジネーションで現実を創造する、新たなゲームのスタートです。」と書きました。

ご存知のとおりロールプレイング・ゲームでは、目標・目的地を設定し、計画を立てて、ゲームの中で決められたルールに従って、金貨・武器・防具・食料・薬などを手に入れ、敵と対戦して経験値をつみながら、体力・魔法や技術などの個々人の能力を向上させて行きます。
左脳(マインド)の能力が強い方がたぶん、得意だったと思われます。

現実の社会も近年、ロールプレイングゲームそっくりになってると思ってました。

高度情報社会・高度経済社会に適応するため、社会人デビューするまでに学歴という階段を上る、または、専門技術に特化しておくことが必須です。

社会にデビューしてからは、所属する団体の中での細かく厳しいルールを忠実に遵守しながら、出世かつ・または年収、物質的な財産などという目的を達成することが求められます。
女性特有のからだと脳の働きを持ちながら、男性と同じように考え行動することが、男性優位社会では求められました。
高度経済社会では、男女ともに最小の労力で最大の利益を上げることが要求されます。

たとえば、既婚で夫と娘2人を持つ、主婦のわたしは、高度経済社会のなかでは消費者ですが、社会的には妻、母、嫁、実家の娘、地域住民、高校の委員会の役目、派遣社員としての「ロールプレイング」をしています。
ウチでは、家人は夫、父、実家では息子、地域住民、ゲーム作家などのロールプレイングをしてます。

それぞれの役割を演じています。

高度成長期の日本は、サラリーマンは全員手を繋いで横並びで同じような年功序列の階段を登っていきました。
多くの人が物質的にある一定以上の暮らしを送ることができるようになったのは、あの世代の方々のおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。

でも、高度経済社会となった日本社会では、人々はロールプレイング・ゲームに飽きて疲れて、心身ともに擦り切れているように感じられます。
とくに消費者として期待される役割は、実はもう物質的に満たされているのに、もっと購買するよう購買欲が刺激され、不要なものまで購買させられて、家の中はものにあふれている。。。不要なものを購買するために長時間労働に駆り立てられ、貴重な時間が浪費されている。。。

わたしは十年前くらいに、ロールプレイング・ゲームに必死で取り組むことに疑問をもち、ゲームから降りました。
幸せではなかったからです。
それ以来、ゆっくりほどほどのゲームをしてきました。
世間的に浮いてることもありました。
でも、自分の楽しいという感覚を信じました。

楽しいと思える時間は、朝日・夕日を眺めるとき、家族と一緒に家庭でゆっくり過ごすとき、気心の知れた友人たちと居酒屋で飲むとき、石綿粘土で花や葉っぱなどを作るとき、ピアノを弾いてるとき、ゆっくりお風呂に浸かるときなど、

ゲームをするなら、自分の想念を観察して、気づいたら変更して、想念による現実創造を始めてます。
たとえば、石綿粘土の作品をイメージするとき、出来上がった作品を自分の脳内スクリーンに映し出して、ああでもない、こうでもないと。。。これと同じように、理想の状態をいろいろ妄想してます。

想念による現実創造のゲームは、まだ始まったばかりですが、これからが楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

私の思いも、全て分かりやすくまとめて下さり本当に感謝致します。
人生の大先輩と、共感できることをとても幸せに思います。
私のロールプレイングゲームも、約7年前に終わっています。
想念による現実創造ゲーム私も始まったばかりです。
矢上先生とも、私達の考えは数年?数十年?先を生きているのかもしれない、と話していました。だから現代社会に違和感を感じてしまうのかしれませんね。未来が見えないという、人々が多く存在しますが、私は数年後、数十年後が楽しみです☆


数年後、数十年後の世界がと~っても楽しみです。

ゆっこ先生、コメントありがとうございます。

先生は実際に想念によって自分の道を創造され、現実生活を手中に収めてらっしゃいます。
そんな先生に、共感いただけて嬉しいと同時に、やはりこれからは想念による創造ゲームの時代なんだと確信を持つことができました。

想念観察をして、いま・ここにいない、過去を憂い未来を案じる自分の「思い癖」を手放すのは、自力整体の整心法で矢上先生が薦められているやり方ですね。

私の場合は自分の強すぎる自己(エゴ)のおかげで、いろいろ厳しい出来事が発生したので気づかざるを得ませんでした。

ゆっこ先生をはじめとして、風織先生、norikoさんなど、若い世代の皆さんが自分の道を創造されている姿を見せていただけるのは、頼もしい限りです。

テレビなどのマスコミは、不安を煽る報道ばかりですが、水面下ではもうたくさんの人々が自分の想念によって自分の人生(現実)を創造されているんでしょうね。

わたしのような普通の主婦が何の修行もせず、覚醒の道を歩んでいるように、光と繋がっている人が、実は結構たくさんおられるだろうと思ってます。

これからどんどん多数の人が、自分の想念によって現実を創造するようになったら、と思うと、数年後、数十年後、日本は世界はどうなっているか、と~っても楽しみですv-10
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。