スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンネス

戦争によるPTSD(心的外傷)が、リーディングで見える #spiritualjp

本日2011年8月6日は、「広島原爆の日」です。66年前の今日、世界初の原子爆弾が広島に投下されました。

1945年7月末の時点ですでに日本は、外交面で連合国に対して降伏していたとも聞きます。

それが本当ならば、一般市民が生活している広島市の中心部をめがけて、なぜ原子爆弾が投下される必要があったのか、是非が問われるところです。

続く9日、長崎にプルトニウム爆弾が投下され、15日の終戦を迎えます。

毎年8月6日になると、戦争で奪われた無辜の民に対して鎮魂の祈りを捧げたい気持ちが高まります。

わたしは幼い頃から不思議な体験がいろいろあります。中でも、義理の伯父に向かうといつも「戦争に対する怒り、激しい憤り」が感じられました。
義理の伯父はたしか第二次世界大戦中、南方の激戦地に軍曹として従軍していたはずです。
もしかしたら伯父自身が「敵軍兵士を殺めたことがある」または「味方の兵士を惨殺されたことがある」のどちらかだと思われるような、惨殺のシーンがフラッシュバックのように視覚化されるのでした。

わたしの家に来るたび伯父は焼酎を深酒し、相手に皮肉や嫌味を言っては、小言や愚痴をこぼしていました。
暗いムードが漂う伯父のことをわたしは、激しく嫌っていました。
でもそんな伯父の心の底にある、戦争に対する激しい憎しみ・憤りが尋常のものではないと感じられたので、わたしは無意識のうちにリーディングの能力を使って、伯父の体験をリーディングしていたようです。

私の血のつながりのある伯母と従姉は、伯父から家庭内暴力を振るわれていたのもわたしには何となく見えていました。

伯父は戦争中に惨殺を目撃したせいで深く傷つき、戦争に対する激しい怒り・憤りを抱き、辛く悲しい気持ちが癒えていないのでした。復員した後も現実の普通の生活が虚しく感じられ、伯母や娘に辛く当たっているとわかりま
した。

伯母と従姉を家庭内暴力から救ってあげたい。。。激しく嫌いながらも伯父の心の傷も何とかしてあげたい。。。けれど私は当時まだ10歳にも満たず、幼く無力でした。

アメリカでは、ベトナム戦争に従軍した兵士の多数がPTSD(心的外傷)に苦しんだため、心理学・精神医学の分野でPTSDの治療研究が進んだと聞きます。

その伯父も一昨年、他界しました。今となっては、幼い頃のわたしのリーディング結果を確かめる術もないのですが、毎年この季節になると、当時のわたしの記憶が蘇ります。

伯父を、伯母を、従姉を救いたいという強く願うけれど救うことができないというもどかしい思い、あの当時の私の強い願い・思いが今のわたしを、スピリチュアルカウンセリング、スピリチュアルヒーリングの道に向かわせているのかもしれないです。

義理の伯父について今まで語ったことはあっても、文章に起こしたのは今日が初めてです。

鎮魂の祈りをこめて、感謝・合掌
関連記事
スポンサーサイト
コメント

戦争の傷跡

翠ちゃん、戦争は人の心を容赦なくずたずたにするように思います。

ブログにも書きましたが、私の父は特攻隊の訓練中終戦を迎

え、仲間は何人も先に逝ってしまい、自分だけが残ってしまっ

た罪悪感をずっと感じていたようです。

しかも、原爆投下の2日後今度は命令を受けて広島市内の被爆地

の救助?に行ったものの、「水は絶対に与えるな」とか、(当

時水をあげると却ってよくないという指示だったようです。)

言われて、後ろ髪をひかれながらも、「お水をください」の声

に応えられない自分にもどかしさを感じたそうです。結果は

あげなくても亡くなってゆく人々を見て「少しでもあげれば良

かった・・・」とはいえ、全員にあげられるお水などない状況

だったようです。

このような体験をしなければならなかった私たちの親の世代は

心の奥底に変えようもない傷を負って生きていかなくてはなら

なかったのではないでしょうか?

翠ちゃんのようなスピリチュアルカウンセリングの方が必要ですよね。

感謝

僕も、文章に上げるの、ためらいました。

彼女は望んでいるだろうか?

確かに墓前の僕に、リーディングを見せて、お互いに涙し、お互いに浄化されました。

しかし、みなにシェアーする、必要はあるのか?

彼女が望んでいないようにも感じました。

そして、心と、彼女と、話しました。

興味本位ではないこと。

OKが出たような気がしました。

彼女が死んだ2年前まで、僕は、100点でないと許さない彼女が好きではありませんでした。

お見舞いにも行かなかった。

でも、彼女が他界する2時間前、行きました。

一人で、個室に寝ていました。2日前から、意識はなく、話しかけても、わかっていない。反応はない。という、情報でした。

部屋に入ったとたん、彼女に意識があることがわかりました。
目も開けられない、口も開けない。顔も動かせない。

そんな彼女、僕が話しかけたとたん、
「あれ、かず、なんでいるの?」って。
穏やかでした。100点じゃなくても許してくれました。
「よく来たねえ。」

その2時間後、彼女が無くなったと、電話がありました。
2日前から、意識はなく、もう何も感じていなかったと、家族は言っていました。

2時間前に僕が持っていったお花を抱いて、彼女は旅立ちました。
旦那さんと息子さんがいるあっちに。

翠さん、くにさん、見せてくれた事に感謝です。お父さんに感謝、合掌。

8月は鎮魂の月ですね

国の子ちゃん、こんにちは。国の子ちゃんのブログも読ませていただきました。

お父様はきっと、特攻隊として命をかけて出撃するつもりで覚悟しておられたので、仲間を失くした後、ご自分だけが生き残りお国のために尽くせなかったという無念の気持ちになられたのだろうとお察しいたします。

また、原爆投下直後の広島の体験では、助けたくても助けられなかった命のことを思って残念だったろうと。

あの戦争を経験した年代の方々からお話を聞くたび、その意思の強さに驚かされます。
なかなか口を割ってくれませんが。

わたしのような高度成長時代の初めに生まれた人間は、本当にヘナチョコです。世代のせいにしてはいけませんが、ジェネレーションギャップを感じます。

戦争に従軍されていた世代の方は、わたしの理解などとても及ばないくらい深い心の傷を負われていただろうということです。

> 翠ちゃんのようなスピリチュアルカウンセリングの方が必要ですよね。

嬉しいお言葉、ありがとうございます。励みになります。v-10

これから少しでもお役に立ちたいと思います。

こちらこそ、感謝

ふうかずてんさん、こんにちは。

ふうかずてんさんの記事、拝読いたしました。

たしか、お墓でリーディングされたのですね。

使者の弔いは重いテーマですが、長いこと思い出さず忘れがちになっていたのではないかと思っています。

> 彼女は望んでいるだろうか?
>
> 確かに墓前の僕に、リーディングを見せて、お互いに涙し、お互いに浄化されました。
>
> しかし、みなにシェアーする、必要はあるのか?
>
> 彼女が望んでいないようにも感じました。
>
> そして、心と、彼女と、話しました。
>
> 興味本位ではないこと。
>
> OKが出たような気がしました。

おばさまのOKがきっと出たのでしょう。

死期が迫ると人間は優しくなり、長いこと許せなかった相手、憎んでいた相手のことを赦すとも聞きます。

ふうかずてんさんは、おばさまとお互いに赦し赦されて、浄化ですね。

貴重な体験談をシェアーしていただき、こちらこそありがとうございます。

そういえば、わたしの祖母も義理の母も、墓参りを欠かさなかったように思います。今月は先祖供養を含めてお墓参りに励んでみようと思ってます。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。