スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンネス

「人を悟らせる仕事」とは #spiritualjp

近頃、ネットサーフィンしていると「目覚めた」「悟った」という方を多数、お見かけします。
ある日突然、自分は白く金色に輝く光に溶け込んでしまって、他人も含め世の中のありとあらゆるものと自分が一体化しているのが感じられた。。。わたしも「目覚め」を体験した、その一人です。
(わたしは自分はたしかに「目覚めた」と実感しましたが、「悟った」かというとまだ「悟ってはいない」と思います。その「悟り」という境界線を自分が越えたという実感がないのですから。近いうちに自分なりに考察・定義してみたいものです。)

「目覚め」や「悟り」は、古代から古神道の修験者、仏教の修行僧、ヨガの行者など、宗教やヨガを数十年に渡って究極まで厳しく追及した人がたどり着くものでした。「目覚め」「悟り」は一種の最終目標であり、難行苦行によってさんざん艱難辛苦を味わった後にもたどり着けなかった者が数多くいたはずです。

なのに、現代日本の普通の生活をしている(厳しい修行とは無縁の)、派遣社員で家庭の主婦である自分を含め、サラリーマン、ミュージシャン、画家などが多数、「目覚め」を体験したと言います。

そんな「目覚めた」「悟った」という時代の先覚者たちは、ほかの人を「目覚め」させよう、ほかの人を「悟らせよう」とするというより、ブログの熱烈なファンからの要望に応えて、日本各地でファンの集いのようなワークショップやセミナーを開催されています。
「目覚めたい」「悟りたい」人たちも数多くいるようですから、こういったファンの集いのようなワークショップやセミナーは結構な盛況振りです。

さてさて、わたしのブログはtwitterと連携しています。そのため、新しい日記を書き込むとtwitterにつぶやかれます。
しかもmixiとtwitterも連携させているので、新しい日記の書き込みはmixiにもつぶやかれることになっています。
すでにお使いの方もあると思いますが、便利な機能です。

twitterにつぶやかれた日記の書き込み情報から、こちらのブログに飛んでこられた読者もいらっしゃるようです。

そんな一人の読者から、お名前は伏せさせていただきますが、twitterのダイレクト・メッセージをいただきました。
ありがとうございます。

その方は「翠さんが体験されたこととは違うかもしれませんが『人を悟らせることを仕事にして』」おられるとのことです。
メッセージにはAmazon『新時代への航路-時代の羅針盤を求めて-』のURLが貼られていました。

「人を悟らせること」が仕事になるのか。。。そんな素朴な疑問をいだきつつ、『新時代への航路』全文公開をネット上で読ませていただきました。

書店でわざわざAmazon『新時代への航路-時代の羅針盤を求めて-』を買い求めなくとも、デスクに居ながらにしてネット上で読めるとは、まことに便利な世の中です。また、著者の方の懐の広さと熱意が感じられます。
本当に、ありがとうございます。

実はわたし、大学時代は「西洋政治思想史」を専攻していました。「西洋政治思想」は古代ギリシャ哲学から現代思想まで、幅広く学ぶ学問です。平たく言うと「西洋政治哲学」です。
もう少し範囲を狭めるとわたしの専攻は「人権思想」でした。イギリス・ピューリタン(清教徒)革命に端を発する、「人間の権利」にまつわる思想をかじりました。ピューリタンほか、カトリックに対する「新教・プロテスタント」の語源は英単語"protest(抗議する)"です。つまり「既存の社会体制に対する抗議」を自己主張するわけですから、「異端」としてカトリック(既存体制)から激しく弾圧・迫害され、数百年間、宗教的・思想的に激しい戦いを繰り返しました。おびただしい数の人間が犠牲になったものです。
プロテスタントの人権思想は、カトリック・キリスト教を主幹として構築されていた、西洋の中世封建時代の不条理から抜け出るためにキリスト教に合理主義を導入した、思想的な基礎だったと、わたしなりに解釈しています。

近現代欧米先進国の立脚している、科学・政治・経済はプロテスタンティズムの合理主義を基礎としています。
ミレニアムくらいまで、西洋式の近代化は非常に順調に見えました。それ以前から名著『西洋の没落』のように西洋近代合理主義社会の衰退を予言していた学者はいましたが。

『新時代への航路』全文公開の根底には、現代の政治・経済を主幹とする社会体制が今、さまざまな面からシステム崩壊しているのは、「西洋合理主義」の行き詰まりの弊害であるという考え方が見えます。
その突破口として東洋思想、代表的なのは道教の「道(タオ)」が主張する「ワンネス(合一)」が挙げられています。

著者である内海昭徳氏は、韓国人思想家「盧在洙(ノ・ジュス)」と運命的に出会い、彼の説く「HITOTSU学」という統合認識学を学び、「人を悟らせること」を仕事にされたとのことです。

本書のカバー範囲は広く、わたしの浅学では初めて目にすることも多く、まだ消化不良な感じがしています。

消化不良なりによく考えてみても、本書のいわんとするところは大変魅力的なテーマでありながら、どうしてもうまく焦点が絞れない、どうも腑に落ちないものがある、後味の悪さが残ります。

それは本書が繰り返し主張する言葉でありがなら「『悟り』とは何か」が、本書のどこにも定義されていないからでした。

著者である内海昭徳氏は、本書の第一章で「究極の「悟り」を得た」と述べられます。ところがその箇所でも「『悟り』とは何か」に言及されていないのです。

わたしのように、最後まで取り残されたままの感じがする読者は少なくないのではないでしょうか。
第一章で「悟り」の定義にもう少しページを割いて説明されていれば良かったものを。。。残念です。

もう一点疑問があります。本書は「人を悟らせる仕事」は、一時期盛況だった「自己啓発セミナー」とは違うと主張されています。たぶん「人を悟らせる仕事」には政治経済を含めた社会体制を改革しようという方向性・姿勢を持つ点で、社会に対して引きこもっていた自己開発セミナーとは異なると主張したいそぶりが感じられます。残念ながら両者の差異があまり感じられず、やはり「自己啓発セミナー」の一種なのではないかという疑いの念がぬぐいきれません。

政治経済を含む先進国の社会全体のシステム的な行き詰まりを改革・打破し、新しい社会体制を作り出そうという気概、姿勢には大いに感じるものがあります。日本(特に福岡)から発信していこうという意気込みは十分です。

「人を悟らせる仕事」は「明治維新」のような、社会体制を根底からくつがえす、改革を目指すといいます。そして、やがて日本が新たな世界を作る主導権を握っていくとしたら、たくましく頼もしく好ましく思われます。

本書の前提となる、入門書の発刊を待望します。
---
2010年9月13日
追記です。
NextRenessanceさん、トラックバックありがとうございます。喜んで承認させていただきます。
わたしがこちらの記事で飾らずに述べさせていただいた、素朴な疑問について、初回の回答をいただきました。

今朝、読ませていただきました。

ご多忙中にもかかわらず、内容はボリュームが大きく詳細なものでした。

返信は長文になりましたので、別記事「回答をいただきました『人を悟らせる仕事とは』」に、譲らせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック

「悟り」とは ~東洋の悟りと西洋の悟り~

翠さんへ ※ブログへのコメントとしては長すぎるので、TBにて失礼いたします。 「新世界への航路~時代の羅針盤を求めて~」 を読破いただき、誠にありがとうございます。 翠さんのブログ「人を悟らせる仕事」とは を拝読いたしました。 仰る通り、著書内では...
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。