スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五次元意識

自分の人生と対峙して受け容れよ「アナザー・プラネット」

以前から観たかった映画「アナザー・プラネット」をようやくレンタルして鑑賞できました。
ネタバレありなので、未見の方はご注意を。
アナザープラネット

17歳にしてエリート街道から転落人生を歩む、主人公のローダを演じたのは、ブリット・マーリング。彼女は脚本、演出も手がけています。
ご覧の通りの金髪クールビューティー。

ネットショップAmazonの「ストーリー」は以下のとおり。
Amazonのページは、こちら

17歳でMITに合格した秀才のローダはある夜、見たこともない惑星が空に浮かんでいるのを目撃する。それに気を取られた彼女は車の運転を誤り、妊婦と幼い子を死なせてしまう……。4年後、刑期を終えたローダは謝罪のために、被害者家族のジョンを訪ねる。だが、思わず身元を偽ってしまい、本来の関係をよそにジョンとの交流を深めていく。罪悪感に追い詰められていくローダだったが、謎の惑星は自分と同じ人間が存在する<もう一つの地球>だと知り――。



映画の冒頭で原題は"Another Earth"だと知りました。それならば、邦題は「アナザー・アース(もう一つの地球)または(第二の地球)」の方が良かったのではないかと疑問がわきつつも。。

交通刑務所のようなところで4年の刑期を全うしたローダは、父親の運転する四駆車で母親と弟に迎えられる。

家族は腫れ物に触るように彼女に接する。。。憂鬱な展開。

職業安定所では、高校の清掃婦の仕事を選択して。。。エリート街道を邁進するはずだったのが、突然の交通事故により清掃婦に転落し、将来にまったく希望を見出せない。

そんなある日、ふと目にしたのは、大富豪がスポンサーとなった懸賞「もう一つの地球への旅の無料チケット」募集の広告。
そこは才女の彼女、500語以内で応募動機をまとめなさいという応募要件についつい食指が伸びそうになっては迷うが、結局PCから応募してしまう。

次第に接近してくる「もう一つの地球」というパラレルワールド、そこにいるかもしれない「別の自分(たぶんエリート街道をまい進しているはずの自分)」を意識してしまう。


キーパーソンは、高校の清掃仲間の有色人種(たぶんインド系)の老人であり、憂愁漂うローダとの会話で「取り返しのつかない人生を歩んでいる」自分を責め苛むことを「許す」「受け容れる」必要性について、語る。

ところが彼自身が自分を許すことができず、自分の目を耳を消毒剤で潰してしまうのは、胸が痛む。

ローダは事故のただ一人の生存者ジョンと心を通い合わせ、二人はついに結ばれるが。。。

人身事故によって人生が狂わされた二人が、「もう一つの地球にいるかもしれない、もう一人の自分が、もしかしたらこの自分が歩めなかった、人生を歩んでいるかもしれない」という夢を抱いて。。。

ローダは大富豪の懸賞に当たり、もう一つの地球への旅行チケットを手に入れた。それをジョンに告げると自分のことのように喜んで、祝いの手料理を振舞ってくれるのだった。そんなジョンに、家族を奪った加害者は自分だと告げてしまう。「出てってくれ」と叫び、頭を抱えるジョンを一人残して、ローダは帰宅した。

ローダからチケットがジョンに譲られたのか、もう一つの地球に旅立つ宇宙服姿のジョンの映像。。。

ラストシーンでは、清掃婦の格好で俯いたまま歩くローダが、もう一人の自分と遭遇する。。。もう一人の自分は黒いワンピースに身を包みちゃんと化粧を施していた。

そこで突然のエンドロール。

もう一つの地球に降り立ったジョンは、もう一人のローダに会ったのか、ローダは事故を起こさずエリート街道を邁進していたのか。。。

もう一つの地球に降り立ったジョンは、家族と再開できたのか。。。そもそも、そこでは事故は起きたのか、もう一人のジョンも生存していたのか、妊娠していた妻と幼い息子は生存していたのか。

さまざまな場合が想定されてます。

どんな人生を歩もうとも、苦しみ悲しみを抱えたまま人は自分の人生を受け容れ、苦しみ悲しみを他の人たちと共有し、人は人に癒されていく


そんな、この映画のテーマが映画全編、通奏低音のように響いていました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。