スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五次元意識

受講のご報告:マドモアゼル愛先生の「2013年幸福スタートを切るために」その2

前の記事の続きです。

このセミナーで再認識したのは、他人の成功を自分のことのように喜ぶことの重要性です。

参加者全員が一人一人自分の目的達成についてシェアした後、拍手しますが、その時々に自分のことのように喜び嬉しい気持ちを抱きます。

すると次第にセミナー会場全体の波動が喜びの波動が変わり、だんだん呼吸が楽になっていきました。

全員のシェアが終わってから次のセッションは、「2人一組になって互いの手を取り合って相手を感じ、それを声に出してみる」というものでした。

わたしがペアを組んだのは、隣の座席に座っていた、見ず知らずの若い女性でした。

まずわたしが彼女を感じて声を出しました。

最初のセッションで打ち解けていたせいか、彼女の手をとったとたんに「天女」という言葉が浮かび、空を舞う若い美女がイメージされました。

地上を這い回るエネルギーとは正反対の天上のエネルギーですから、わたしから自然に発せられた声は高音でした。
その後続けて発せられた声も優しく柔らかい高音でした。

発声した後、印象などを相手の女性にシェアすると、「以前霊能者に見てもらったとき、天女と龍に守られているといわれたことがある」とのこと。

代わって相手の女性がわたしを感じて発せられた声は終始、低めでした。

発声後に相手からシェアされた印象は「最初お花畑が見えてきました。そのうち森か林か、鬱蒼と茂ったみどり豊かなイメージが受け取られました。」

「え?わたしはセラピスト名を翠と言います」と申し上げました。

打ち解けていたせいか、互いを深く正確に受け取っているものだと感心したものです。
関連記事
スポンサーサイト

五次元意識

受講のご報告:マドモアゼル愛先生の「2013年幸福スタートを切るために」

昨日2013年1月29日(火)夜、代官山にあるサロンドゥコロナさんで開催された、マドモアゼル愛先生のセミナー「2013年幸福スタートを切るために」を受講しました。

愛先生も近々ブログでご報告されるとのことですので、一足早く、内容をシェアさせていただきます。

日本でポピュラーな暦は西暦、いわゆるグレゴリオ暦ですが、この暦の目的は支配者が一般市民を自然のリズムから切り離して、本来もてる力を発揮できないようにするためだったとのこと。

本来の元旦は「少なくとも太陽が水瓶座15度に達していること」であり、2月4日の立春、または2月の新月(今年は2月10日)とするのが良いそうです。

いわゆる旧暦を使用して今年の目的を明確にすると、自然のリズムと人間のリズムが呼応して、本来の力を発揮して目的を実現することができるようになるというのが、本日の肝でした

セミナーではまず、「目的達成シート」が配布されました。

各自が記入します。

1.目的が叶うことで、どのような感情を満たしたいと思っていますか。
2.その目的が具体的なものであれ精神的なものであれ、体のどの部位にとくに関係するとおもいますか。障害のある部位
3.目的を達成するには何か邪魔なものはありますか。障害となる人(和解)
4.具体的な日にち。何年何月何日
5.その目的を達成することであなた以外に喜ぶ人はいますか



各自が記入した後、全員が1人ずつ「今日は何年何月何日です。わたしは目的を達成することができました。」で始まるシェアをしました。

目的についてはシェアしてもしなくてもかまわないということでしたが、順番が来るとドキドキしました。

が、勇気を出して皆さんの前でシェアしてみると、確実に身体の部位が反応して緩みました。

自分で考えて記入した以上に、シェアするときには「これから大きく羽ばたいていきたい」とか勝手に言葉がいろいろ飛び出しました。

「誰それが祝福してくださいました」など、思わぬ人が具体的に口から飛び出したことにも、自分で驚きました。

口に出す、アフォメーションは大事ですね。

あと、目的を達成する年月日を明確にすることの大切さも。

シェアするうちに涙を流す人もあり、中にはほとんどすすり泣きで号泣する人もあり、胸が震えました

そんなときにも「良いのよ」というように優しいまなざしを向け、やさしく包み込むような雰囲気の愛先生を観ていると、こちらまで心の底から癒されました。

仕舞いにはすべての物事、世界の全員に感謝したい気持ちでいっぱいになりました。

帰りの電車の中では、嬉しくて嬉しくてスキップしたいような気持ちでした。
関連記事

祈り

まだチャンスは2回ある「一年の計は元旦にあり」

一年の計は元旦にありというとおり、一年の計画、決意を元旦に宣言すると、その一年に具現化されやすくなります。

2013年の元旦はグレゴリオ暦では過ぎてしまいました。

ただし元旦はまだ二回残されていますから、一年の決意表明をするチャンスはまだ二回あります。

それは和暦の元旦である立春(2月4日)と、太陰太陽暦(いわゆる旧暦)の元旦である2月10日(新月・旧暦の睦月)です。

和暦は江戸時代前期に日本の天文学者・安井算哲によって整備され、明治初めまで広く使われていました。
安井算哲は2012年映画「天地明察」の主人公として有名になりました。

和暦で元旦は、グレゴリオ暦の立春(2月4日)です。

日本・特に江戸前期時代の江戸周辺の四季折々の変化が反映されています。

そのため、元旦に始まる「初春」がちょうど関東南部の梅の開花日と重なり、暦と季節の変化が呼応するように感じられます。

ここでいう太陰太陽暦は、中国大陸から伝わった授時暦が元となって広く使用されていた暦をいいます。新月が各月の朔日(ついたち)になり、月の満ち欠けと連動した暦です。

中国では太陰太陽暦と季節のずれを補うため、二十四節気が考案され、約15日ごとに「節気」が巡ります。

和暦も太陰太陽暦も、季節・月・太陽の運行と呼応しているため、直線的な時間軸よりも循環的な時間軸のリズムが感じられます。

そういう意味で、古くて新しい暦だとこのごろ見直されています
関連記事

オーガニック

(センシティブ)歯磨きSINN

2年前、チャネリングを習った八雲さんはその当時、「市販のミント味のキャンディーは刺激が強すぎる」というようなことをおっしゃっておられました。

その当時の私はまだ、市販の市販のミント味のキャンディーはそれほど刺激が強いとは感じられませんでした。

あれから極力外食を避け、外食するにもオーガニック食品を提供してくれるお店を選択し、自宅でも化学調味料や合成甘味料など食品添加物を一切含まないものを選択・食してきました。

1年ほど前から、市販のいわゆる歯磨き粉が刺激が強すぎて、一切受け付けられなくなりました。

石鹸メーカーや生協の歯磨き粉を試しましたが、どれも刺激が強く感じられます

友人が紹介してくれたのが、SINNというオーガニックプロダクトを扱うメーカーの「トゥースペーストSE(センシティブ)SINN」でした。
「トゥースペーストSE(センシティブ)SINN」はこちら

わたしと同じようなお悩みを持つ方はもちろん、赤ちゃんからお年寄りまで広く、お勧めいたします。

東急ハンズBEで買い求めました。

デリケートな歯と歯茎にやさしく働きかけ、口の中をpH8.1に維持するオーガニック歯磨き粉


敏感な歯や歯茎の方はもちろん、赤ちゃんから大人の方まですべての方に幅広くお使いいただけるジェルタイプのオーガニック歯磨き粉。虫歯になりやすい環境と言われる酸性に傾きがちな口腔内バランスを弱アルカリ性のpH8.1に回復させ、歯を守ります。フレーバーは爽やかなミント。天然の汚れ落とし成分であるシリカや、水酸化ナトリウムなど有効成分をたっぷりと配合し、デリケート肌の方にもやさしく働きかけます。

サウンドヒーリング

今の私には音霊(おとだま)・音波(波動)が一番大切だと

ご訪問ありがとうございます

皆さんからいただくコメントの中にはときどき、ご自分のメルアドは記さず「管理者のみに公開」されたものがあります。

ずいぶん一方通行なコミュニケーションですね。

訪問先のブログのコメント欄にご自分の意見を記入して「おしまい」とは。

コミュニケーションは双方向であって実り多いと思いますが。。。「相手の気持ちや意見」について興味がなく、双方向のコミュニケーションを最初から望んでいないのでしょう。

さて、今朝はそんなコメントをいただいたお陰で、自分自身の過去記事を読み返すことになりました。

長い文章でした。そして、その記事で紹介しているブログの文章もまた、分量が多い。。。

お陰さまで、「今の私には音霊(おとだま)・音波(波動)が一番大切だ」と思い知らされました。

チャクラ、第三の目などの正確な定義づけはもう興味がなくなりました。

定義はどうでもよくなり、それよりも良い音、倍音などを頻繁に聞いて自分のオーラやボディに共振させ、良い波長の音波に同調していくことが今の私には一番大切だと。

朝から少々無礼なコメントに最初のうちはちょっと面食らってましたが、感謝の気持ちでいっぱいです。

気づかせて頂き、ありがとうございます。
関連記事

五次元意識

そしてパラレルワールドへ

この頃なんだかエネルギーが軽く感じられます。

太陽の光もギラギラと輝いています。真冬とは思えないくらいに。

同じものを観たとき共鳴共感できると嬉しくて、そんな仲間に出会えたことにいちいち感謝していました。

共鳴共感できる人たちとの会話は楽しく、話し始めると時間の流れを忘れるほどです。

以前から私は、同じものを観たり同じ本を読んで、相対する意見や感想を抱くことを、ついつい避けていました。

強い主張をすると互いに争いとなることを知っていたので、たとえ敗北主義といわれようと、相対する意見や感想を抱くことをなかったこととしてきました。

今、自分のエネルギーが変化したのを感じています。

同じものを観たり同じ本を読んで、相対する意見や感想を抱くことを恐れなくなりました。

むしろ、互いの個性といっても良いくらいに思えています。

対立するのではなく共存へ。。。そんな自分の心境の変化が自覚されています。

ようこそパラレルワールドへ。

クライアントさんが、最初は例えば恋愛のご相談をされていたとしても、次第にご自分で気づきを得て、ご自分の内側に答えを見つけられるようになられたら、幸いです。

自立していかれ、私が必要とならなくなるのが、私のお役目のように感じています。

それぞれの価値観、それぞれの世界観によって、自分の世界を創造していく。。。
関連記事

太礼神楽

太礼道神楽・天河大弁財天社にて2012年12月1日

去る2012年12月1日、奈良県は天川村にある天河大弁財天社の能舞台で奉納された、太礼神楽・白龍能です。

東伯先生の吐息も荒く、大きく踏み鳴らされる足音高く、白龍がダイナミックに持回され、気迫溢れる舞でした。
観ている私には、「男性性」のシンボルである「動」の舞だと感じられました。
龍は地上では蛇ですが、蛇は男性のシンボルです。また「白」は「白子、精巣、精子」という男性性にも解釈可能です。



二番目の「うしろの舞」は、衣擦れの音すらしない、静寂の中に真っ赤な番傘から真っ赤な千羽鶴が何筋も垂れ下がっていました。
その傘が音もなく静かに廻されると、迸る血しぶきの様に感じられ、女性の経血か出産時の出血のように見えてきて、私には「女性性」のシンボルである「静」「赤・血」だと感じられました。



コシチャイムを使った「水火」の舞では、最初穏やかに鳴っていた音が、舞が激しくなるにつれて大きく鳴らされるようになりました。
そのとき、観ていた私の左後方から一陣の風が吹き込んできたのです。
ただの冷たい風というより、精妙な高次元のエネルギーが感じられました。
弁財天様は音楽の神様ですから、綺麗なコシチャイムの音色に感応して、降臨されたように思われます。



まだまだ文章では表せないような素晴らしい舞の数々に、貴重な時空間・場を共有させていただき、感謝いたします。

ダイジェストは、こちらです。

関連記事

目覚め・覚醒

子どものように無邪気に遊んで暮らす

昨夜、自力整体で身体をほぐしながら、ふと心に浮かんできました。

「子どものとき感じていたような、原始的な感覚を取り戻すことが自分には必要だな」と。

ただし私はかなりワイルドな子どもでした。外で暗くなるまで遊んでました。

雪が降れば喜び勇んで外に飛び出して雪遊びをし、氷が凍れば夜明け前から家を出てスケートをし、夏は昆虫を採集し、春は田んぼでザリガニを釣り、日が暮れるまで全力で遊び歩いてました。

秋冬の雨の日や寒い夕方は、母親の台所仕事の音を聞きながら、炬燵にうつ伏せに潜り込んで漫画を読んだり自分で描いたり。。。

毎日毎日いつもいつも遊びのことで頭がいっぱいでした。

少女時代はケーキやシュークリームなどのお菓子作りや、母から教わる手料理、薪を焚いて風呂を沸かすのも遊びの一種でした。

火、大地、風、水と親しみ、それぞれの特性を肌身で感じて覚えていたような気がします。

頭で考えるよりも身体感覚というか、直感を活かしてました。

いつでもどこでもワクワクして、何か面白いことないかなと常に遊びを探して、全力で遊んでいる

自分はこれから、あの子どもの頃の原始的な身体感覚・直感を取り戻し、家事や仕事なども遊びの延長みたいな位置付けになりそうな予感がしてます。
関連記事

目覚め・覚醒

今朝方見た夢は「自分が死ぬ」夢

フェイスブックではすでに書き込んだことですが、ブログに再録いたします。

今朝方夢を見ました。自分が死ぬ夢でした。
死に行くときに自分が死んでいくという自覚・意識があり「ああ、死ぬんだ。でもまだ52歳じゃあないか。早すぎるな。」と思ってました。

その後自分(の死体)が自宅のリビングに横たわっているのを上から眺めました。

そのとき「ああ、やっぱり死んだんだ。」と思ってました。

不思議と「突然死したんだから、きっと子供や家族がびっくりするし悲しませてしまうな。」など感情的なことは全く感じられず、「どうしよう」とうろたえることもなく、ただ淡々と冷静に自分の死を受け止めていました。

でも夢の中で「自宅リビングだと思っている場所」には階段がありました。自宅マンションのリビングには階段はないのです。

夢から覚めて簡単な朝食を摂ってから、ネットで「自分が死ぬ夢」をググったら、この夢はどうやら「死と再生」を表す、吉夢のようです。

スピリチュアル的にはエーテル体が一回り成長した、つまり魂の器が大きくなり、現実の活躍の場が広がる前兆だということ。

また「「52歳」(私の年齢)はマヤ暦では還暦に当たる」と以前友人が教えてくれたことがありました。

これらを繋ぎ合わせて考えると、どうやら私は今朝の夢で「古い自分が死に、新しい自分に生まれ変わった」ということを見せてもらえたのでしょう。

「自分が死ぬ夢」はまさにタロットカードの「Death 死」のように、見ると驚かされるものではありますが。

昨年末に派遣契約が切れて、今は家でゆっくり過ごしています。年末年始の節目を経てようやく、12年継続した会社勤めの緊張感から開放されてきたのは確かです。

フェイスブックの友人の1人が、「肉体を維持したまま生まれ変わった」と教えてくださいました。

今朝の夢に告げられたとおり私の中身(魂)が肉体を維持したまま生まれ変わったとしたら、自分のこれから歩む道はまだ定かではないけれど、近頃なんだか肩の力が抜けてきて良い感じがしてます。

胸の真ん中がぽっかりと空いたような、自分が時空間に浮かんでいるような軽いエネルギーを纏っているような。
関連記事

自然エネルギー

太陰太陽暦・和暦のススメ

ここ横浜は風が冷たいけれど陽光が強く明るく、新春という言葉にふさわしい日和です。

明治初めまで使われていた和暦では、一年の起点はいわゆる「節分」の次の日、「立春」です。

立春、立夏、立秋、立冬を春夏秋冬太陰の四季の初めとして、四つの暦に区切られています。

平安時代以降ポピュラーだった、太陰太陽暦は中国大陸から伝わりました。こちらは月の周期に基づいて、新月を月の初め朔日(ついたち)としています。
月が一周りするのは約k29.5日ですから、一月は29日または30日となります。

明治の初めまでは太陰太陽暦と和暦を併用されていました。

太陰太陽暦は中国大陸の地理的風土的な要素が色濃いため、日本の四季折々の変化とは微妙に違いがありました。

これを参考にして日本の風土に合う和暦を作成したのは、江戸時代の数学者で和算で知られる、安井算哲です。昨年2012年に映画化された、「天地明察」で有名になりました。

和暦は江戸の気候風土に合うよう作られているため、関東地方の四季折々の変化に合うようです。

太陽と月、地球のリズム、自然エネルギーを感じるのには、グレゴリオ暦よりも太陽太陰暦も和暦のほうが優れているように感じられます

明治初めに西洋から輸入されてから急速に普及し、現在も普通に用いられている、グレゴリオ暦では時間の流れが直線的に感じられます

太陰太陽暦と和暦は、太陽と月、地球のリズム、季節のめぐりが感じられ、時間の流れが螺旋状、円環状に感じられます。

今感じる時間軸の変化に呼応しているようです。

和暦「新しい旧暦 丸一年カレンダー」はこちら

太陰太陽暦に基づく、いわゆる旧暦のスケジュール帳「和暦日々是好日」はこちら

上の二つの商品は、いわゆるエコロジー系の雑貨屋さんで手に入るとのことです。
わたしが購入したのは、東急田園都市線・世田谷線の三軒茶屋駅から徒歩5分のふろむあーすさんです。
ふろむあーすさんは、こちら

今年は、和暦カレンダーを眺めながら、和暦スケジュール帳を使いながら、ゆっくり日々を楽しんでいこうと思います。
関連記事

セッション&ワークショップ

遠隔ヒーリングのお知らせ: 無料(浄化)有料(528ヘルツ無条件の愛の周波数)

明治初めまで使われていた和暦は、立春を起点として節分で区切り、立夏、立秋、立冬をそれぞれの季節の初めとした、太陽と地球のリズムに合わせたものでした。

今回の無料・有料遠隔ヒーリングは以下のとおり、節分(半月)から開始し合計10回行い、春分点の直後の満月に終了いたします。

内容:無料遠隔ヒーリングでは、春に活性化する肝臓の解毒(浄化)を助けます。

有料遠隔ヒーリングでは、528ヘルツ(無条件の愛)の周波数を用いてハートを活性化しDNAの回復を図ります。

開始終了時刻
無料遠隔ヒーリングは各日、21時から21時20分まで、
有料遠隔ヒーリングは各日、21時40分から22時までといたします。

有料ヒーリングの料金:単独参加の場合一回につき3000円、10回連続で2万円といたします。


2月3日(日)節分・半月
2月4日(月)立春
2月10日(日)新月・旧暦睦月・旧暦元旦
2月11日(月)建国記念日
2月18日(月)半月
2月26日(火)満月
3月5日(火)半月
3月12日(火)新月・旧暦如月
3月20日(水)春分の日・半月
3月27日(水)満月



参加ご希望の場合、この記事のコメント欄に、「住所(都道府県、市町村)」、「ハンドル名」、「メールアドレス」、「無料遠隔ヒーリング参加希望」かつまたは「有料遠隔ヒーリング参加希望」をご記入ください(管理者にだけ公開する設定が可能です)。

コメント欄に記入できない場合は、chikako1960☆hotmail.co.jpの☆を@に変えて、、「住所(都道府県、市町村)」、「ハンドル名」、「無料遠隔ヒーリング参加希望」かつまたは「有料遠隔ヒーリング参加希望」を記入の上、メールをご送信ください。

有料ヒーリングに参加ご希望の方には、こちらからメールを差し上げます。

関連記事

プチ断食

「今週末は少食・プチ断食」のすすめ

毎年、仕事始めのこのシーズンには、マスクをして咳込んだり具合の悪そうな方をお見かけします。

そういった、インフルエンザを含む風邪の原因は「食べ過ぎ」であるというのが、いわゆる整体の本を読み込むと散見されます。

秋風が吹く頃から、動物は生理的に食欲が増し、来るべき冬に備えて皮下脂肪を蓄えようとします。

それに加えて、年末には忘年会が度重なり、年が明けてからはおせち料理や新年会が重なれば、一ヶ月近くの間に渡って消化器官は暴飲暴食にさらされます。

自力整体の本によると、「この時期の風邪は暴飲暴食により血液が高濃度になったせいで起こる、腎膀胱系の詰まりが原因である」とのことです。

内臓が悲鳴を上げていますから、今週末あたり一度、少食・プチ断食に挑戦されることをお勧めいたします。

少食・プチ断食を行うと内臓が休まり、余剰栄養物や老廃物の排出が促進されますから、身体が軽く感じられます。

プチ断食にはいろいろありますが、昼食かつまたは夕食を「豆乳または無糖のヨーグルト」と「野菜ジュース」で済ませます。このとき、内臓を冷やさないため、一緒にコーヒー以外の温かい飲み物をいただきます。

一日何回か、好きなだけりんごを食べるという、りんご断食もお勧めです。このときは、内臓を冷やさないため、一緒に温かい生姜紅茶(黒糖入り)をいただきます。

寒い冬はついつい甘いものに手が伸びますが、白い砂糖と白い小麦粉の過剰摂取は春先の花粉症の原因にもなります。甘いものがほしいときはできるだけ、未精製の砂糖と全粒小麦粉を使ったお菓子、果物に切り替えられることをお勧めいたします。
関連記事
プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。