スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッション&ワークショップ

あと一名様募集のお知らせ: 7月12日(木)浴衣レッスン(講師: 鈴木万由香さん(京都きものコンサルタント協会 一級師範)) 

浴衣シーズンも間近ですね。

今年の夏は気軽に自分一人で浴衣を着付けて、自宅で楽しんだりちょっとしたお出かけをしてみませんか。

来る2012年7月12日(木)以下のとおり、イベント「浴衣レッスン」を開催いたします。
残り一名様枠がございます。
午前中、ご希望の方は自力整体の体験レッスンをお試しいただけます。

着付け講師にお招きするのは、京都きものコンサルタント協会 一級師範である鈴木万由香(まゆこ)さんです。

鈴木万由香さんは1989年以降、全国のFM局にて数多くの番組を担当されながら、京都きものコンサルタント協会 一級師範、及び国際ライセンスを取得され、着付け講師及びキモノに関するカウンセリング&スタイリング・アドバイザーなど、活動の場を拡げておられます。

鈴木万由香さんの公式サイトはこちら

「浴衣レッスン」
基本目標:一人で浴衣を着付けられるようになること
オプションの目標:半襟・足袋をつけて「着物風に着付けるようになること」(二回目ご希望として)

日時
2012年7月12日(木)14時~

お申し込み先: こちらのフォーマット

お申し込み方法
「浴衣レッスン」と明記の上、お申し込みください。

場所:東急田園都市線・南町田駅 北口から徒歩5分
(場所の詳細は、折り返しお知らせします)

料金: 参加者5名様として、お一人様・各回2500円(交通費・別途)
(日程と参加人数が確定して料金を確定後、折り返しこちらからお知らせいたします)

定員: 5名様まで


持ち物
・浴衣
・半幅帯
・浴衣スリップ(肌襦袢と裾除けでも可)
・腰紐2本(紐の一本は、着物用ゴムベルトでも可)
・伊達締め1本



浴衣レッスンの後、希望者には、鈴木万由香さんの関わっておられる「うずまき堂石鹸」の紹介・販売もいたします。
うずまき堂さんの公式サイトはこちら

なお、浴衣レッスンに先駆けて同日11時から12時半、ヨガやストレッチにも似た自力整体のレッスンがあります。
体験レッスンをご希望の場合は、お問い合わせください。
自力整体の藤林優子先生のブログはこちら

「浴衣レッスン」について問い合わせ先はこちらのフォーマット
関連記事
スポンサーサイト

セッション&ワークショップ

2012年7月・受付可能日のお知らせ:スカイプによるセッション 

スカイプによるセッションを実施しております。

基本的にはタロットカードをリーディングしながら、スピリチュアル・カウンセリングを実施いたします。必要に応じて音叉ヒーリングを行います。

お申し込みフォーマットは、こちら
折り返し、スカイプ名などを含む詳細についてご案内いたします。

2012年7月について、セッション実施可能日時は、以下の通りです。
木曜日:2012年7月19日午前10時から17時
毎週土曜日:午前10時から17時の間で応相談
料金
60分:5000円
90分:8000円

振込先について詳しい情報は、ご予約後にお知らせいたします。


関連記事

五次元意識

追記あり:「今ここ」で生きるようになると寿命が延びるのではないかという仮説を立ててみる

今朝の横浜は、空が青く透き通っています。その青空にぽっかり浮かぶ雲の白が映えています

昨夜から今朝にかけての台風の雨風によって空がすっかり洗い流されたようです。

さて、昨日ツイッター友の「kuujigen」さんのつぶやきから閃きました。以下の通り。

最近目覚めの情報交換してる友達と、なんか日常生活でも気がつくと息してないんだよねってお互い話した。にゃるへそ。そういうことなんか。そういうことなんだね。目覚めたまま生きるってのはよ。


そんでただなちゅらるになる~ 木とおんなじ!木とおんなじ!


とめるんじゃないいんだ とまるんだ


勝手におこるんだ


空次元さんのつぶやきまとめブログ「空の次元」はこちら

それで閃いたのは、「日常的にも変性意識状態にあると、無意識のうちに息を吸って吐くことを忘れているということ、呼吸が止まる」ということです。

ふだん呼吸は無意識で行っています。
ヨガや自力整体で、呼吸に意識を向ければ止めたり、深呼吸をするようにコントロールできます。

ところが、何かに夢中になっている時、無意識のうちに呼吸が止まっていますが、そのことには意識を取り戻した後で気づくものです。

例えば、ピアノを弾いている時、わたしはよく呼吸が止まっています。

自分でも可笑しいのですがピアノに夢中になっているとたまに酸欠状態になることもあります。
それに気が付くとピアノを弾く手を休めて、深呼吸を何回かすることがあるくらいです。

昨日、ツイート友のつぶやきで、自分のその習性を思い出しました。

何かに夢中になって意識がそちらに集中している時「今ここ」状態にあり、呼吸が止まるのではないか、そうしたら呼吸が止まっている分、消耗しないから年を取らないのではないか。。。
そしたら、呼吸が止まっている分、寿命が延びるのではないか。。。

あまりにも単純で少々乱暴すぎる考え方かもしれないけれど、「今ここ」で生きるようになったら、寿命が延びるのではないかという仮説が浮かんできました。

これは余談ですが、ヨガとストレッチ、橋本操体に似た自力整体を数年継続していますが、わたしのように継続されている方は例外なく若く見えます。
わたしも含めてその方たちは本来老化するはずの年齢なのに反対に、非常に若返っている。。。これも「今ここ」で生きるようになったせいだと仮設していますが、それについてはまた記述いたします。
関連記事

自力整体

自力整体のススメ(感想文)

梅雨も本降りになりました。

曇天が続き毎日湿度が高いと汗がかきにくく、呼吸もしにくく、体が重だるく感じられます。

こんなときは、いつもよりも丁寧に自力整体を行なうと、心身が軽くなり爽快になります。

ヨガ、ストレッチ、橋本操体にも似た、自力整体は各種スポーツ教室、スポーツクラブ、カイロプラクティックや経絡マッサージに通うよりも経済的で、マイペースで行なえますから、お勧めいたします。

自力整体を始めてから7年ほど経ちました。
通っている教室のゆっこ先生からご依頼で、以下の感想文をしたためました。

良かったらご覧ください。

自力整体の公式ページ「矢上予防医学研究所」についてはこちら
ゆっこ(藤林優子)先生についてはこちら
ゆっこ先生のブログ「Natual self-care & Healing life」はこちら

1.体調が改善された。
会社のデスクワーク、VDT作業による肩凝り・頭痛が軽減した。
持病だった貧血が治った。
午後にちゃんと副交感神経が働くようになったせいか、夜熟睡できるようになった。
呼吸が深く楽になり、ここ数年来、風邪らしい風邪を引かず、風邪のような症状が出ても回復する。かかりつけだった医者にもここ数年、通っていない。
更年期の症状が軽減され穏やかに過ごすことができ、心身ともに楽に閉経を迎えられた。

2.肌が綺麗になった。
自力整体を始めてから一年後に決意して、きちんと整食法を実施してから、急に肌の新陳代謝が活発になり、顔や身体のシミやホクロがポロポロと剥落するようになった。しばらくしたら、顔全体の皮膚がぺロリと剥けたこともあり、皮膚の表面が柔らかく透き通るように色白で綺麗になった。
幼い頃から正座していたときにできた、足の座りダコが綺麗に剥落して、以前の茶色からピンク色、ピンク色から肌色に変わった。

3.骨折のため外側に飛び出ていた軟骨が引っ込んだ。
左手首は骨折のため小さな軟骨が一つ外側に飛び出ていて、手首の動きも少し変だった。右手首に比べて可動領域が狭く、ギクシャクしていた。自力整体をする以前に通っていたカイロプラクティックの施術士から「一生治らないから諦めてください」と言われていた。
自力整体を真面目に実施して一年くらい経ったとき、知らないうちに軟骨が引っ込んで、左手首が右手と同様に自由に動くようになっていた。

4.非常に経済的である。
スポーツクラブやテニスクラブの会費に比較して、安価である。
カイロプラクティックや経絡マッサージに比べ安価である。
エアロビやテニスなどで使用する用具は高価な上に消耗するので頻繁に買い替えるため、不経済だった。
自力整体で使用するのはウエアだけなので、経済的である。
また自力整体のおかげで新陳代謝が良くなったため、50歳代になってからも何年も服のサイズ・体型がまったく変わらないので、スーツやコート、フォーマルウエア、ワンピースなど高価なベーシックな洋服を買い換えなくても済むようになり、経済的である。

5.目覚めの体験をした
自力整体を始めてから4年くらい経ったころ、経絡にエネルギーが通るのが実感されるようになった。
自力整体の教室で前半部分が終わり、仰向けになってリラックスしているとき、光に包まれるという体験をした。
自宅で自力整体を90分ほど実施した後、ヨガの足上げ(死体のポーズ)をしているとき、クンダリーニが仙骨から背骨、上顎、眉間を通って頭頂部から昇華するという体験をした。その時、すべてはひとつであるという、ワンネスを実感した。
その後、チャネリング、リーディング、エネルギーヒーリングなどのいわゆる超感覚的知覚に目覚めた。
縁あって師に巡り合って指導を受け、タロット・リーディング、スピリチュアル・カウンセリング、スピリチュアル・ヒーリングを実施させていただいている。
---
自力整体との出会いは、大型書店のストレッチ・ヨガのコーナーで「女性のための自力整体(CD付)」を手に取ったときでした。本を手にした瞬間、本から暖かなエネルギーが感じられ、「あ、これはイケル」と直感的に思って即購入しました。今から6年くらい前のことです。
その当時の私は45歳を過ぎたばかりでした。スポーツクラブに週3回は通って大好きだった、エアロビクスの上級コースのハードな内容に自分の体力・気力がついていけなくなっていました。エアロビクスのクラス中に、自分と同い年の女性がアキレス腱を切断するというショックな出来事を耳にしたこともあり、そろそろスポーツクラブから卒業する頃だと感じていました。
30代半ばから10年以上、スポーツクラブに週3回は通うことで健康を維持してきたつもりでした。そのため、スポーツクラブを止めたら健康のため何をしたら良いのか、検討もつかず途方に暮れていました。
自力整体の本を購入したその夜から毎晩のように実技内容を自宅で実施すると、実施した夜はよく眠れることがわかりました。
その頃の私は更年期症状のためか、夜眠りにくくなっていました。入眠しにくく、眠りに入っても夜中に突然目が覚めて、ホットフラッシュで汗が大量に出るなどの症状もありました。
自力整体をしばらく実践すると、生理が軽く済むようになりました。更年期のほかの症状、ホットフラッシュやイライラ、頑固な肩こりなども軽くなったのが実感できました。
でもなかなか整食法には取り組めなかったのは、「三食しっかり食べなければならない」「一日30品目食物を摂らなければならない」ということに洗脳され、呪縛されていたからです。
自力整体を始めて一年くらいたった頃、以前より体調がよくなっていて、体調が良ければ朝食を食べなくても大丈夫かもしれないという気になりました。「健康・体調を維持するのは三度の食餌だ」という思い込みが外れたときでした。
それ以来、朝食を食べず夜の食事も軽く済ませ、整食法をきちんと実施しました。
するとますます体調が改善され、自力整体を始めてから三年くらいたった頃、知らないうちに生理が上がって更年期の症状も消えていました。49歳の誕生日を迎える前でした。
生理が上がってから、それまでは身体の芯に感じられていた「燃え上がるような生命力の炎」が消えてぐっと穏やかになり、体力の上限自体も下がったようです。生殖活動というステージから降りたことで、別の人間に生まれ変わったように感じています。
以前は気力・体力が人並み以上だったせいか、気力・体力に物を言わせて頑張って少々強引にいろいろやってきましたが、「頑張らなくてもいい」「無理せず自分のできる範囲でいい」「できない自分を受け入れる」という穏やかな精神状態になりました。
いわゆる老化現象も素直に受け入れています。これからはたぶん、「だんだん枯れていく(老化していく)自分」のことを楽しめる境地になるだろうと予想しています。
いつの間にか「整心法」も実践できていたことを綴って、感想文の終わりとさせていただきます。



関連記事

セッション&ワークショップ

セッション得意分野: 魂のブループリントを読む

対面式セッションを開始してからおかげさまで一年が経ちました。

みなさまにはご愛顧ありがとうございます。

ご相談内容は子育てから夫婦関係、仕事など多岐に渡ります。

タロットカードを介してリーディングさせていただく中に次第に気持ちがほぐれ、開放感あふれる笑顔が弾けたり、お声が明るくなったり。。。

セッション終了時にクライアントのみなさまの輝く笑顔を見せていただくのが、楽しみです。

話の発端がたわいもない恋愛についてのご相談だとしても、霊性の目覚めと成長につながる、きっかけとさせていただければ幸いです。

一年間、対面式セッションを実施させていただき、自分の得意分野が見えてきました。

どうやら、クライアントの方の近い将来に叶えたい希望を含めて、魂のブループリントをリーディングすることのようです。

クライアントの方の魂からビジョンで見せられる、何とかわたしに伝えようとして訴えられるのを解読させていただく場合が多いです。

ご自分でも思いもよらなかった、希望、願望、若いときに得意だった分野、家事と育児に時間と労力をとられてすでにあきらめたと思っていたような、夢のかけらを読ませていただきます。

「絵」「画像」「映像」として見えることが多いので、見えてきたビジョンを申し上げると、クライアントの方が、あのことかしら。。。と思い当たることをおっしゃり、それが糸口となってブループリントの詳細が鮮明に見えてくることもあります。

すでに「引き寄せの法則」「願望実現の方法」の時代は幕を閉じました。

「各人が創造主(神)として生きる」時代が始まっています。

ご自分の現実を創造する、ブループリントを解読するお手伝いをさせていただけたら幸いです。

対面式セッションのほか、スカイプ、メールによるセッションもお気軽にご利用ください。

現在ご利用いただけるセッションのメニューについて、詳しくはこちら
関連記事

ピアノ

シューマン「子どもの情景」より「トロイメライ」に闇を感じる

先程の記事の続きです。

それからさらに調子に乗った私は、古い楽譜をあれこれ探り、坂本隆一「Asience(アジエンス)」「戦場のメリークリスマス」「エナジーフロウ」などを弾き、。。。

おお、あれもこれも、滑らかに弾けるではないか(注意:自分比)と感激しました。

さらにはシューマンの「子どもの情景」の楽譜集に取り掛かりました。 

そこには落とし穴が待っていようとは知らず。。。

それは、「トロイメライ」でした。

わたしにとっては恐怖を呼び起こす曲。。。娘のピアノ教師は「バッハのインベンションとシンフォニアよりもっと美しい3声4声の曲があるがな」と嬉しそうに「トロイメライ」の楽譜を手渡してくれました。

それは、弾いていると異界と通じてしまい、頭が痛くなり、気分が悪くなるのでした。

もしかしたらシューマンはどこか具合の悪い人だったのではないか。。。先生には何も言えないまま、ネットを調べると。。。

やはり、シューマンは作曲活動も日常生活もおぼつかなくなるくらい、具合が悪かった。。。

妻のピアニストのクララが精力的にコンサートをこなして生計を立てていた。。。親友のブラームスが経済的に援助してくれていた。。。

という事実が、判明しました。

どうしても好きになれない、けれども非常に美しい多声の楽曲です、「トロイメライ」は。
関連記事

ピアノ

ショパン「ノクターン遺作 Lento con gran espressione」の楽譜(ヘンレ版)

「娘がすなるピアノ発表会なるものに、母のわたしもしてみんとてした」のは、何年前でしょうか。

あの時に、娘のピアノ教師から手渡されたのは、ショパン「ノクターン遺作 Lento con gran espressione」の楽譜でした。

映画「戦場のピアニスト」の冒頭で主人公のピアニストが楽々と優雅かつ流麗に弾きこなす、哀愁を帯びたメロディは、たちまち日本人のハートを射抜き、大ヒットとなりました。

それは一見、簡単そうに見えて実に転調が多く、しかも途中で何度も拍子が変わり、トリルはもとより最後に到っては11連符、13連符、26連符といった、鬼の様な指の運動が求められます。

これをズンチャッチャという、武骨なリズムではなく、優雅かつ流麗に水上を泳ぐ白鳥のように見せなければならないのです。。。タハハ

あるときは先生に熱く励まされ、ある時は叱咤され、先生のご子息のボストン在住・ピアノ音楽教師から「何を表現しようとなさっておられるのでしょうか」と意味不明の助言をいただき、血と涙と冷や汗を流しながら必死で練習に励んだ、一夏でした。

発表会の当日、久々にフォーマルドレスに身を包み、ステージに登った、スポットライトを浴びてすっかり揚がり、中盤で手が止まってしまうという非常事態に陥りました。
なんとか平常心を取り戻して切り抜け、震える指先を自らだましだまし後半部を引き終えました。

ふと思い立って先週、Amazonからショパン「ノクターン遺作 Lento con gran espressione」の楽譜(ヘンレ版)を取り寄せました。

何年ぶりに観る楽譜でしょうか。。。冒頭の個所を弾いてみると、指が覚えていました。

何と以前よりも「はるかに」楽に弾けるではないでしょうか。。。あれれ。。。どうしたの、私。

これはバッハの「インベンションとシンフォニア」「平均律クラヴィーア集」を練習していて、知らない内に指が育ったおかげかもしれないと、ほくそ笑むのでした。

続いて、ベートーベンのソナタ「悲愴」「月光」も弾いてみると。。。やはり指が開く、指が動く。。。弾けるではないですか。

おお、さらに調子に乗って、ショパンの「ノクターン」、「雨だれ」などを弾くとやはり、以前より滑らかに弾けるではないですか。

おそるべし、バッハの「インベンションとシンフォニア」「平均律クラヴィーア集」でした。
関連記事

五次元意識

金星太陽面通過を境に「愛一元」の世界へ 

さきほどの記事の続きです。

「仮想敵」を想定した生き方・哲学は、恐怖と不安を基に発想されています。

なんとなれば、自分と仮想敵が分離していて、極端に考えると「食うか食われるか」「勝つか負けるか」「奪うか奪われるか」、「持つか持たざるか」、「殺すか殺されるか」といった、二極のどちらになるかという、被害妄想的な強迫観念に基づいた、ノイローゼ的な発想が導かれるからです。

敵か味方か、内(うち)か外(よそ)かといった、対立する集団に分け隔てて付き合う処世術が導かれます。

領土・テリトリーを線引きして、互いに防衛し合う、男性(オス)の哲学です。

これから到来する世界では、「愛一元」です。

「自分と他人」の区別はなくなります。

「すべて自分ごと」だからです。

過剰に奪う、過剰に与えるということはなくなります。常に「ちょうど良い」対等な関係を築きます。
領土やテリトリーといった、線引きは緩くなり、境界線は曖昧で常にぼやけています。

「愛一元」では「全員が味方」とも言えますから、線を引く意味も必要もなくなります。

「愛一元」は「キリスト意識」、「宇宙意識」、「空」という言い方がされますが、何人をも区別しない「無条件の愛」です。

2012年6月6日の金星太陽面通過を境に、分離から統合へ、愛と平和の世界を構築する方向に、大きく転換した実感があります。

エネルギーがとても軽く明るく澄み渡りました。

もう過剰に身を守る必要はない、過剰に労働・生産する必要はない、過剰に睡眠する必要はない、過剰に食べる必要はなくなります。

今ここでリラックスして楽に呼吸するだけです。

五感で知覚する限りでは「軽い」「明るい」「淡い」「透明な」「あっさりした」「甘い」「緩い」「リラックスした」「のんびり」「楽しい」「開放的な」感じがします。

旧来の二極化の強迫観念に基づいた、激しい生き方の好きな人たちはその世界で留まってそのまま、男性的な哲学・処世術を基にした世界を構築していかれるような感じもします(尻すぼみでしょうが)。

しばらくの間は、従来の被害妄想的な強迫観念に基づいた生き方・哲学・処世術に引き戻されることもあるかもしれないですが、気づいたら「愛一元」の安心感に基づいた生き方・哲学・発想に戻りましょう。
関連記事

五次元意識

安心を基にした世界の到来 恐怖・不安からの開放「もう過剰に防衛する必要はなくなる」

「恐怖・不安」からくる計画は「欠乏感・不足感」を基にしています。

今手元にあるものを「失ったら困る」から「身を守る」という発想になります。
そのため鎧を着込んで、兵糧を蓄えて、金銀を買い込み、金庫にしまい、

堅牢な城を高く築きそのまわりに濠をめぐらせ堅牢な城壁を設けます。さらには城の立地条件を計算して小高い丘や山、主要な道路から川を隔てた場所など。。。計画は綿密に。

常に「仮想敵」を想定した生き方です。競争、紛争、戦い取るといった、男性的な哲学・処世術が基本でした。

到来する世界では、過剰に身を守る必要はなくなります。

なんとなれば、愛と平和を基にした世界だからです。

必要な時に必要な人・物・環境が手に入ることが前提となります。

そのため常に安心しています。のんびりリラックスしています。

安心を基にした哲学・処世術では、「自分を守る必要はない」ので、過剰に着込んだり物を蓄え堅牢な住居にすむ必要もなくなります。

物質偏重主義から心を重視する世の中になります。

心を重視する世の中で、愛と平和の中で、どう生きていきますか。どんな体験をしたいですか。
関連記事

五次元意識

現実創造の方法: 手続き(プロシージャ)型から「思えば即、実現」へ

今年は春から大きな天体ショウが連続しました。

春分の日から10日ほど経て大きな低気圧が春の嵐を二回もたらし、4月21日から旧暦では二度目の弥生月、5月6日ウエサク満月、21日新月・金環日食、6月4日満月・部分月食、6日金星の太陽面通過が起きました。

昨日は、金星の太陽面通過を経て、エネルギーが大きくシフトした感じがするという感想を持つ方にお会いしました。

わたしも同様です。

春分の日を境に首、肩、背骨に沿った痛みが断続的に起こっていました。
会社でデスクワークをしていても自宅で夜、自力整体をしていても突然、睡魔に襲われ、ウツラウツラすることもありました。

金星の太陽面通過を境に、そういった不思議な症状が一気に楽になったような気がします。体というかエネルギー体が軽くなったみたいです。

ただし、梅雨の走りのこの時期毎年体重が2-3キロ減少するので、「減量したせいで体が軽く感じるだけ」かもしれないです。そのため、もうしばらく自分を要観察ではあります。

さて、現実創造の方法はすっかり変化し、「ああだ、こうだ、と考えて、直線的な時間軸を基に計画する必要はもうなくなった」と閃きました。

思えば即、実現」するので、ただ思うだけ、選択するだけだと

あまりに簡単なので、ちょっと練習が必要ですね。

幼いころ、「奥様は魔女」というアメリカの連続ホームテレビドラマが放映されてました。
サマンサという名前の奥様は、魔女だったのです。
小鼻をヒクヒクさせるだけで、事態は急変、欲しいものが物質化したり、過去が変わったり。。。

そう遠くない内にそんなことが実現できる日が到来するかもしれないと、ちょっとワクワクしています。
関連記事

五次元意識

選択して起きてくる結果を丸ごと受け入れる

先程の記事の続きです。

選択した結果、起きてくること、体験すること、学ぶことがあります。

それは自分で選択した結果であり、創造です。

いわば自分の作品です。

すべての結果を丸ごと受け入れましょう。

良し悪し、好悪など、評価・判断せずに。

なんとなれば、すべては自分ごとだからです。

今の状況全てが、自分の選択の結果だと気づいたら、選択し直せばよいだけです。

また選択した結果、起きてくること、体験すること、学びが生じます。ただ循環しているだけ。
関連記事

五次元意識

わたしたちは体験をしに生まれてきた

タロットカードを交えてスピリチュアルカウンセリングをしていると、「●●した方がいいのでしょうか。読んでください」というお客様がいらっしゃいます。

ご要望に合わせて読ませていただきます。

こういう場合、「●●した場合」のカードと「●●しなかった場合」のカードを引き、二枚を比較してそれぞれのカードについて読ませていただきます。
発展形としては、それぞれにカードを一枚、二枚と引いて行くこともあります。

するとお客様によっては、「では、●●した方が良いのですね」「●●しない方が良いのですね」と確認されることがあります。

リーディング結果をこちらが述べたら、選択するのはお客様です。

場合によっては、「●●しても、しなくても、どちらを選択しても良い」とお伝えすることがあります。

なんとなれば、わたしたちは今生、体験をしに生まれてきたからです。
「●●することを選択した」結果、体験すること、学ぶこと、
「●●しないことを選択した」結果、経験すること、学ぶこと

それぞれに価値があります。それぞれの体験、学びに価値があります。

「ワクワクする方を選択する」のが良いといえます。
どちらも同等の価値があるからです。
関連記事

五次元意識

すべて自分の意識が創っている

もう気づいて実践しておられる方も多いと思います。

笑っちゃうくらい軽くなるね。何も怖くなくなるね。

自分の意識がすべてを創っているだけなんだって気づいたら、あとは実践するだけ

昨朝、通勤に使ってる私鉄の満員電車に乗り込んだら、目の前でサラリーマン風の男性が立ったまま新聞を大きく広げていた。ガサガサ言わせながら別の紙面を大きく開いては、ロクに目も通さずまたガサガサ。。。

その人の前には小柄な女性が身を縮めて立っていて。。。立っている男性の下には座席に座った若い女性が無表情で。。。
ああ、また日経新聞のオヤジか、超迷惑~と思っていたら、その男性は横浜駅で降車時、網棚から荷物をドサッと下ろし、わたしの携帯に命中して床にたたきつけられたのでした。

ああ、また日経新聞のオヤジか、超迷惑~」と思った、わたしの意識が、超迷惑なオヤジから害を被る状況を創りだしたのでした。

これからは、自分の意識がすべてを創っているという自覚の下、各自が意識で世界を創造していくことになります。

誰かに頼るのではなく、本を読んで知識を仕入れるだけでもなく、ただ自分の意識の焦点がどこに絞られているかに気づくだけ。

気づいたら修正。。。

自分を取り巻く環境、世界はちょっと前の自分の意識が創造したのだと気づき、すべては自分ごと。

苦しい辛い状況、病気や窮乏・貧困などの世間一般で言うところの「悪い状況」さえも、自分の意識の賜物だと気づけば、軽くなるね。
関連記事

五次元意識

「今ここで、わたしに何ができるのか」豊かさを乞う人から豊かさを放出する人へ

このブログを始めたころ、「愛を乞う人から愛を与える人へ」というような題で記事を書きました。

「愛されていない」という欠乏状態から、常に「愛されたい」と願い、他人から愛されることばかりを求める人。

そういう人は心が貧しいのですが、案外、わたしたちは「愛されることばかり」求める傾向があるようです。

わたしの経験では、「自分で自分を愛する」ことを重ねて「自分は愛されている」という実感を持った時、愛を乞うのが止まりました。
そのとき突然、「全世界を愛する」方向に転換してしまったのが本当です。

今日ふと気付いたのは、自分が愛ばかりではなく「豊かさを乞う人」になりがちだということ。

物質的・金銭的に貧しいのは、外側からもらうことばかり考えているからではないかということ。

常にあらゆる面での「自分の不足」を探して、自分の外側からあらゆる面でもらうことばかり考える傾向にあるということです。

欠点だらけの自分かもしれないけれど、こんな自分にも何かできることはあるはず。

自分はすでに豊かであると、自分の豊かさに気づいた時、突然「豊かさを放出する」方向に転換するのではないかと。

今ここで自分は家族に、友人に、他人に、地域に、社会に、地球に、宇宙に何か貢献できるのではないか。。。という発想に転換するときが来ています。

今は大空を羽ばたくことなど到底無理な、か弱い羽根しかないかもしれないけれど、他人に貢献することを繰り返すうちに、いつかは大空を宇宙を自由に飛びまわる日が来るでしょう。
関連記事

五次元意識

すでに誰もが言葉とイメージで現実を創造している。いわゆる「アセンション」はすでに始まっている。

先程の記事の続きです。

誰もが創造主であるため、例外はないと教えられました。

一昨日の朝、下の娘が「17日は父の日だけど、どうする?」と聞いてきました。
わたし「何かお食事に出かけようか。お父さん、お寿司が好きだよね。」
下の娘「お父さんは高級なものだと『もったいない』って言うからな。く〇寿司好きだよ。開店直後なら空いてるし」
わたし「ほんなら17日は、く〇寿司に開店直後に行こか~」「こないだお姉ちゃんと行った高級なお寿司屋さんには、今度はあんたと二人で行かまい」

その後、家族で自動車に乗って郊外の大型スーパーに買い物に出かけました。

自動車を運転していた家の人、く〇寿司の前を通りがかったら、「久しぶりにく〇寿司でたべたいな。」とつぶやきます。
「今なら開店直後だし、空いてるしな」

わたし「じゃあ、入ろかぁ~」
下の娘「え、え~!(困惑の表情を浮かべて「さっき、父の日に行こうって言ってたのに。。。どうなってるの」と言いたげ)」
わたし「良いの、良いの。構わん、構わん。」

開店直後のく〇寿司は空いていて、しかも案内されたテーブル席は回転するレーンの一番前で、好きな皿を取り放題でした。

下の娘が言葉に発したことが、一時間経つか経たないかで実現した良い例でした。

どうなってるの。。。きっと誰もが「創造主に戻り始めている」のですね。
関連記事
プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。