スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンネス

他人を(自分を)「ありのまま」受け入れ、心の内外に平和を実現するためのキーワード「ノー・ジャッジ」  #spiritualjp

わたしは争い事が嫌いです。できれば人と争わずにすみたいと思っています。

何かの正しさを主張すると、必ず反論が出て争いごとになります。争いごとを避けるためには自分の主張を取り下げてもよいくらいです。(世の中には、こんなわたしに「敗北主義者」というレッテルを貼る方もいらっしゃるでしょう)

人と係争になりそうな場合、自分の持っている「ものさし」「価値観」「世界観」が鮮明に炙り出されるようです。

自分の持っている「ものさし」「価値観」「世界観」があまりにも強固だと、自分に起きてくる出来事、遭遇する人を自分の「ものさし」「価値観」「世界観」からジャッジ・評価することになります。「ありのまま」受け入れるのが困難になります。

双方の主張が強いと争いごとになります。

他人を(自分を)ありのまま受け入れ、他人と争わず、心の内外に平和を実現するには、「ノー・ジャッジ」がキーワードになります。
関連記事
スポンサーサイト

自力整体

青空自力整体: 桜の古木の木漏れ日を浴びながら #spiritualjp

今日の横浜は晴れて暑いです。

昨日は、南町田駅から徒歩5分弱の林の中で行われた、青空自力整体に参加いたしました。

青空自力整体は、ゆっこ先生が毎年この季節に行われています。

青空の下、二本並んだ桜の古木の木漏れ日を浴びて、桜の木特有の甘酸っぱい息吹を感じながら、時折吹き抜ける涼風を感じながらの自力整体は、格別です。

レジャーシートを敷いただけの大地から、ぬくもりが裸足の裏に伝わってきます。

ゆっこ先生のよく響く声が柔らかく伝わってきます。

自然と体から力が抜け、呼吸も深くなります。

この日のすべてのメニューが終了し、レジャーシートに仰向けに横たわって目を瞑りました。体全外が光に包まれ、肩甲骨の辺りの背骨が軽く振動しました。

そういえば、二年前の青空自力整体では、「光の体験」を体験して、しばらくこの世に戻ってこられないのではないかと思ったものでした。

青空自力は一人ではとても恥ずかしくてできないものですが、ゆっこ先生のおかげで、今年も体験することができました。

思い切り汗をかいた後ほおばった、しょっぱいおにぎりは、ことのほか美味しくかんじられました。今年の夏は暑くなりそうです。自力整体を味方につけて、気持よく汗をかくことができそうです。

先生、参加者のみなさん、ありがとうございます。

関連記事

個性の強い人たち

mayさんへ: みんな違ってみんな良い #spiritualjp

mayさん、こんにちは。

私は大人になってから診断された
軽度ではありますが、
いわゆる「個性の強い」人間です。


いわゆる「個性の強い」人間はコントロールしにくいため、支配側の上位者(親・教師など)から疎まれやすいだろうとお察しいたします。

「自分勝手」「自己中」「KY」というようなレッテルを貼られて、区別という名前の差別をされがちだろうとも。

こういう個性に対して
スピリチュアルはどのように
こたえて下さるのでしょうね。


こちらのサイトでは、インディゴ・チルドレンについて述べられています。(そらちゃん、情報ありがとう)

○リエモン、中○英寿もインディゴ・チルドレンだっただろうというあたりを読むと、個性が強いのも素敵なことだと納得できます。

日本では「出る杭は打たれる」という諺どおり、個性的な人たちは徹底的に打たれます。「打たれないくらい突出してしまえば良い」のは確かですが、なかなかそこまで突出することも困難で。。。

スピリチュアルの世界では、元は魂であるわれわれは、地球という「魂の学校」で学ぶため、わざわざ霊体・肉体をまとって生まれてくると言われています。
生まれる前に自分の今生の課題とシナリオを大まかに決めて、それに沿った人生を送ることのできる、両親を選んでくるとも。

mayさんや我が家の下の子の個性の強さ(生き辛さ)は、地球という「魂の学校」で学ぶための課題と把えることができます。
mayさんや我が家の下の子はもともと偉大な魂なので、生まれる前に高いハードル(強い個性)を設定してきたのではないかと。

mayさんは御自分のシナリオ通りの人生を送り課題を達成するため、ご両親を選んでこられたことになります。

わたしは上の子がおなかにいるとき、「白くて大きくて穏やかな女の赤ちゃん」の夢を観ました。「お母さん、わたしはこんな赤ちゃんです。よろしくお願いします」と言われたようでした。
出産してみると、その通りの赤ちゃんでした。
「天使を授けられたのだ」とわかりました。

近頃の親御さんたちはまるで自分で子どもを作るように考える場合が多いと聞きます。
そうではなく、赤ちゃん(命)はやはり「(天・神様からの)授かりもの」だと思っています。

命が自分のおなかに宿ったと分かった時から、大切に育てようと決意していましたが、さらにその気持ちが大きくなりました。

mayさんも、mayさんのお母様も、みんな、大切な命であり天・神様からの授かりものです。
みんな、地球という魂の学校に生まれる前、課題を設定してシナリオを書いてきました。
各自が自覚して、自分を愛し、他人を同じように愛することができたらと心から願います。
関連記事

目覚め・覚醒

mayさんへ:自分のハイヤーセルフ(本体・魂)とつながるには、今の自分をありのまま受け止めて、思考(頭・マインド)を停止しハートで感じる、そこから始まります。 #spiritualjp

「ただ思い出す。」というシンプルなことができないでいます。

以前に自分の親との関係について少し書かせていただきましたが、
親の価値観、世界観が根深く自分の中に
残っているのですね。

親の感じるように感じろ、
(それが唯一であり、正しいことである。)
そしておまえ(子どもである私)の感じ方は
いつも間違っている、というしつけではあったのです。それも恐怖や不安をあおりたてたしつけだったのです。(こうなったらどうするんだ、etc.)

自分の現実の中に親から埋め込まれたものが
潜んでいないのだろうか。
親の価値観をそのまま
無意識に引き継いだ行動ではないのだろうか。
不安や恐怖からの自己防衛のために
行動を起こしていないだろうか。



親御さんの影響が多大であり、強烈な束縛を受けてこられたので、ご自分の価値観の中に親御さんの価値観が引き継いでおられるのではないかと思案されてます。

誰もが育ててくれた親、または、親の代わりに育ててくれた大人の価値観を引き継いでいます。
それは共通しています。
思春期から青年期に親から独立していきます。その親離れの時期に、強烈に反抗してする人もあれば、比較的穏やかに離れる人もあり、様々です。

自分自身が父親から強烈な束縛を受けて、長いこと苦しんできました。
mayさんのおっしゃりたいことが少し判るような気がします。

誰もが親御さんの価値観の影響を受けて当然です。親御さんの束縛が強烈であればあるほど、刷り込まれ、コントロールされてきた価値観から抜け出るのは容易ではないです。
そのせいで「(何者にもコントロールされない、本来の自分の姿を)思い出す」というシンプルなことができない自分を受け入れることが、第一歩だと思います。


本当にシンプルにこれが自分の現実であるということは、どうしてわかるのだろうか。
思い込み、思い違いではないのだろうか。

自分で感じている実感、
自分だけの現実感というのは
親から引き継いだ世界観とどう違うのだろうか。
違う、自分だけのものだという確信はどこからくるのだろうか。

宇宙の根源・神様にお任せするとはどういうことなのか、自分の意思を使うときとはどんなときなのか。
(日常の細かいことに関しても)

直観と思い込みはどう違うのだろうか。



「どうしたらいいのか」「どのように違うのか」という、比較・評価・判断はすべて、思考(頭)の働きです。つまり、自我が行なっています。

ありのままの自分を認め、自分のハイヤーセルフ(本体・魂)とつながるには、自我を捨てて、つまり思考(頭)の働きを止めて、意識をハートに持ってくる必要があります。

ただ、思考を停止する、つまり頭を空っぽにすれば、自然と意識はハートに向かいます。

今度の休日にでも1-2時間、時間を決めて、頭を空っぽにして自分が楽しいと思うことだけ行動に移すということを試してください。
頭で考えず、ハートで感じるままどんどん行動に移す、何でもありです。

「良い悪い」「善悪」「正邪」といった、二元論の判断を頭でいっさいせず、自分のハートに思いつくまま遊んでみてください。
ご自分のハートと仲良くなることが、第一歩です。


注意をいただきたいのは、もともと誰もがハイヤーセルフとつながっていますから、頑張ってつながっている実感を得る必要は無いということです。頑張ることは自我の領域ですので、ハイヤーセルフの実感から遠ざかります。

リラックスして気楽に、遊び感覚で楽しみながらトライすることをお勧めいたします。
関連記事

目覚め・覚醒

mayさんへ: 本当の自分の姿、コントロールされてない自由な自分の姿(光・神の分霊)を思い出す #spiritualjp

今日の横浜は曇りです。梅雨も後半に入ったらしく、ときどき強い雨がマンションのベランダにたたきつけられています。蒸し暑く苦しい季節です。

mayさんから先日の記事にコメントをいただきました。

>救世主ネオは自分自身なのだというところまで理解が進みました。

今はマスコミにはあまりでられていませんが、
スピリチュアルのE氏が
おっしゃっていたのを思い出しました。

「今は特定の人でなく、誰でも、一人一人が
 救世主なのです。」

一人一人が神なのですよね。
すでに誰でも救世主だったのです。

映画だから特定の人物を
ヒーロー的に扱っていますが、
本当は、主人公を支えているメンバーも
みんなそうなのでしょうね。

これからの世界は、
誰かに託すのではなく、
それぞれが天とつながって
なすことをなす時代なのかもしれません。



わたしたちは長いこと、コントロールされてきました。
「自分は無能・無力だ。だから自分の現実を作ることはできない」という考えを刷り込まれて。

今春起きた、東北地方太平洋沖地震と福島第一原発の事故によって、多くの日本人が目覚めてきているようです。

長いこと隠されてきた事実が次々と白日の下に晒されています。
「何かがおかしい」と、もしかしたら今までもっといろいろの事実が隠蔽されてきたかもしれないと、多くの人たちが気付き始めています。

わたしたちには元々、自分の現実を作り出す能力があります。今は、それをただ思い出すだけです。

すべてを宇宙の根源・神様にお任せして、自分の直観に従って生きれば自然に自分の現実が創出されることを、思い出せばよいだけです。
関連記事

目覚め・覚醒

映画マトリックスが、日テレ系・金曜ロードショウで放映されます。 #spiritualjp

映画「マトリックス」が、日テレ系で放映されます。
金曜ロードショー 「マトリックス」
放送日時 06月24日(金)21:00~22:54
http://www.ntv.co.jp/program/detail/122245608.html

小学生のころ「この世は幻であり、本当の自分のいる世界は別にある」と思っていました。
小学校の卒業作文にもその旨書いたのを覚えています。

心の底で「この世は幻だ」と思っていたせいか、ずいぶん生き辛い思春期・青年期を送りました。

映画「マトリックス」を観た時、「やはりそうだったのだ」と確信できたので、この映画には思い入れがあります。

昨年覚醒した後、自分で世界を創造できる、救世主ネオは自分自身なのだというところまで理解が進みました。

関連記事

パワーストーン・お守り・ポマンダー

パワーストーンの浄化方法 #spiritualjp

日常的にパソコンの前に居ることが多いので日頃から、水晶のお世話になっています。

ウィークデイの4日間は日中、首から会社のIDカードを下げています。IDカードを吊るしているポシェットの中に、水晶のお守りを入れています。
北口本宮富士浅間神社の境内で1000円で売られている、水晶玉です。

水晶玉の入ったポシェットが胃のあたりに来るように、ストリングの長さを調整しています。これで、PCからの電磁波を予防しているつもりです。
Jun24逕サ蜒・0093_convert_20110624110215[1]


家では瞑想のお伴に、チャネリング・リーディングするときも、水晶のお世話になっています。瞑想するとき、チャネリング・リーディングするとき、自分のオーラ体が守られるよう、自分を中心にして四方に水晶を置いて結界を作っています。師匠の八雲先生によると、両手を水平に掲げたのが、その人のオーラ体の大きさだと考えられます。

ホウホウ先生の開運ブログを読んでいたら、水晶にいつもお世話になりながら手入れをしないでいると、実はパワーが落ちているのだと知りました。

パワーストーンをパワフルにしょう! こちらの記事です。

お守りやパワーストーンの正しい使い方!
こちらの記事では、仏像や置物に水を供え始めたら、毎日水を換えること、月に一度は白檀などのお香を炊いて浄化することなど、学ぶことがたくさんでした。

満月のときに月の光で浄化する、満月浄化方法も、参考にしてみます。

この記事を書いていたら、北口本宮富士浅間神社にお参りに行きたくなりました。

梅雨の晴れ間を狙って、家族でドライブできたらいいなとお願いしてみます。

ワンネス

八雲先生の地球ヒーリング4の感想 #spiritualjp

昨夜、八雲先生の地球ヒーリング4に参加いたしました。

以下の感想は、先生のブログに投稿したものです。


6月22日(水)23時20分からタイムシフトで参加いたしました。
胡坐をかいて目を瞑るとまず、いつものとおりチャクラが下から順に灯がともるように温かくなりました。掌、足の裏が痺れてピリピリとエネルギーが通ったのが感じられたので、地球を両手で包み込むようなイメージをしました。

なぜか、グレーの大きな鳥居と、やはりグレーの段差の細かな緩やかな階段が見えてきました。遠景に富士山が望めます。
突然、敷地が砂利の駐車場が見え、そこから林の中の細い砂利道を進むと、小高い場所から富士山が見晴らせる場所に出ました。薄っすらと雪を頂いた富士山が見えます。八雲先生が白っぽい紙を広げて数人の方になにやら説明されています。何を説明されているのかは聞き取れなかったですが。八雲先生が沈思黙想に入り、回りの数人の方は小声で何か話されていました。

突然、風景が変わって、目の裏に薄いマゼンタ色の星雲のような渦巻きが見えてきました。吐く息を深くして風音のようにヒューヒューさせてゆっくり呼吸すると、星雲の渦巻きの中に突入しました。

しばらくすると瞑想が深くなり、上半身がゆっくり前後にゆれ始めました。そのまましばらく気持ちのよい状態を味わっていると、上半身の揺れが突然止みました。

温かく白い穏やかな光に包まれて、安心感で一杯になりました。次第にこの世界に戻ってきたときには、心身ともにすっかりリフレッシュされた気分です。時計を見るとちょうど20分が経過していました。



昨日は、八雲先生が「夏至 富士山ワーク」をされたと知り、地球ヒーリング4のとき、富士山ワークの状況がリモートビューイングで見えたような気がしました。

銀河に吸い込まれていくような感覚がしましたが、あれは何を意味しているのでしょうか。

どちらもとても不思議な現象です。
関連記事

ハートチャクラ

ハイヤーセルフとして生きるには「自分はただの『発振受振装置』である」と認識する #spiritualjp

今日は夏至です。一年で日照時間が一番長い日です。

横浜は早朝から晴れています。自宅マンションのベランダから、大山と薄ら雪を残した富士山の両峯が見えました。久々のことです。

7月1日には新月で部分日食があります。ちょうど富士山の山開きと重なります。
これから7月1日まで、天体エネルギーが変化しますから、地球のバイブレーションが激しく上昇していくことでしょう。

眠気の強い方、体調を崩されている方、どうか無理しないで体調を優先して、ゆっくりしましょう。お互いに。

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がって生きる方法について書いているうちに、ハイハーセルフ(本体・魂)として生きることについて書いていました。

われわれは生まれる前は本体・魂そのものですが、肉体を持って誕生してからはずっと、自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がって生きています。
自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がりにくいと思っておられる方は、肉体よりも先にありき、ということを認識されると良いと思います。

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)からのメッセージを受け取りたいと強く思っている方、リラックスしましょう。メッセージという言葉(が聞こえてくる)というよりも、ふと目にした本のページの気になる一文で知らされることもあれば、出会った人との会話で知らされることもあります。

できるだけ頭をボーっとさせて、空っぽにして、考え込まないようにしましょう。
意識をハートに持ってきて、ハートの言い分を聞きましょう。
迷った時は「楽しいかどうか」「嬉しいかどうか」を基準にして、意志決定しましょう。


ハートの言い分を聞いて嬉し楽しの毎日を送るうちに、意味のある偶然の出来事・出会い(シンクロニシティ)が頻発するようになります。しかも必要な時に必要な出会い・機会・もの・お金が手に入り、自分の願いどおり、非常に物事がうまく進むようになります。やがて、ハイヤーセルフ(本体・魂)そのものを生きている感覚が訪れます。

そのとき、注意していただきたいことがあります。「自分って凄い」という罠にハマりやすいのです。

こういう場合、与えられた出会い・機会・もの・お金に、感謝しましょう。
そして、十分心に留め置いていただきたいことがあります。「自分はただの『発振受振装置』である」ということです。


われわれは肉体以上の存在、つまりエネルギー体を持っていますから、自分で発振したことに応じた、出来事・出会いを受振するのです。自分の身の周りに意味のある偶然の出来事・出会い(シンクロニシティ)が頻発していて、しかも必要な時に必要な出会い・機会・もの・お金が手に入り、自分の願いどおり、非常に物事がうまく進んでいるということは、自分の発振したことが宇宙と調和しバイブレーションが高いという証明なのです。

発振したバイブレーションに応じた結果をただ受振して、手にしているだけです。

受振した結果をよく観察することで、自分の発振(意識・願い)が宇宙と調和していたかどうか、バイブレーションがどの程度高いか検証することができます。

自分でなんとかしようという自我は、ますます小さくなっていきます。
ただ自分の意識(発振)を眺めるだけの、観察者になっていきます。
すべてが自分ごとになっていきます。
関連記事

ハートチャクラ

ハイヤーセルフとして生きる:「自分には価値がある。自分は可哀そうな人なんかじゃない。」 #spiritualjp

大学を卒業してすぐ、商社に総合職として採用されました。男女雇用機会均等法が施行される前のことです。ほかの商社と同様、試験的に大卒女性が総合職として採用されたようでした。

一般職の新入社員(全員女性)と共に「新入社員教育」を一か月受講後、総合職のみ「セールスマントレーニング」を受けました。名刺交換から客先対応、外出・出張の手順、商談交渉など、セールスマンとしての基礎的なマナーから知識まで叩き込まれました。

合計三か月の研修期間を経て、総合職の新入社員は、それぞれの部署に配属されました。そのとき、学生の甘い気分は一掃され、すっかり一人前の社会人になったような気がしていました。

配属先の課長は気難しいことで有名な人でした。噂では、「配属された部下がことごとく直ぐ辞表を出して、よその会社の中途入社してしまう」ということでした。

その課長からは、やることなすこと、とりあえずすべて批判されました。しかも同じことを何度も何度もクドクドとお説教されて。。。
失敗しても優しくフォローしてたしなめるどころか、叱咤されるばかりです。
しかも一度した失敗を引き合いに出しては、蒸し返して嫌味を言うのが、常のことでした。
「針のムシロ」に座らされるというのは、この人の部下につくことかと思うような、酷い仕打ちでした。

仕事で失敗しないように、会社では毎日緊張の連続で、しばらくすると心身ともに疲れ果ててしまいました。社会人になるのは辛いことだと、大学の同級生に電話で愚痴ったこともたびたびでした。

なぜ部下に配属された人がことごとくすぐ、よその会社の中途採用試験を受けて移ってしまうのか、合点しました。

この課長は自己価値が低かったのです。
口を開けば「(家で)奥さんから無視されている」「(家で)子どもに相手にされない」「小遣い制なので気安く飲みにも行けない」「節約のため理容室に行かず、奥さんが散髪している」など愚痴のオンパレード。

「給料が低いのは自分が専門学校しか出ていないからだ」と思っていました。実際、身を粉にして働いて課長まで上り詰めた人でした。いわゆる「たたき上げ」です。

大卒・院卒の人を目の敵にしていました。嫉妬していたようです。

専門学校卒業の一般職の女性を可愛がり、仕事を親切に教えて、育てているように見えました。

どんな境遇にあっても、誰にでも平等に振る舞うことができるとしたら、その人は神様の域に達していると思います。そういう意味では、この人の仕業は人間らしい振る舞いだったとも言えます。

ただし、これからは、誰に対しても平等に振る舞う世の中になります。
一人一人が自分に価値のあると意識し、安心しきって、神のように振る舞うからです。
他人を羨んだり嫉妬することはなくなります。自分に価値があるからいつも安心して、他人に嫉妬することはなくなるのです。
自分の環境や人間関係を引き寄せているとわかっているので、外部環境への不満や他人の悪口を言わなくなります。口から出るのは、感謝の言葉だけです。他人への気持は、労りとねぎらい、感謝だけになります。


今の状況、人間関係が辛く苦しく厳しい場合、繰り返し原因を自分のハートに聞いてみてください。やがて、原因が自分のハートにあるとわかるときが来ます。
関連記事

ハートチャクラ

ハイヤーセルフ(本体・魂)として生きるには「自己憐憫の情を断て!!!」 #spiritualjp

「自分のハイヤーセルフ(本体・魂)とつながるには」について、シリーズで書いてきました。
(その1)
(その2)
(その3)
(その4)

今日は、ハイヤーセルフ(本体・魂)として生きるには「自己憐憫の情を断て!!!」です。

自己憐憫とは書いて字のごとく、自分のことを憐れみ不憫に思うことです。自分を愛するがゆえに、自分ばかりに焦点を合わせて視野が狭くなると、「可哀そうな自分」という気持ちが湧いてきます。
自分に価値がないと感じていて、自信がなく、意志決定などは他人に依存する傾向があります。自分に価値がないと感じているので、権威、ブランド、学歴、社会的地位、高価な物品に弱く、そういうものを持っている人に引かれ、頼ることになります。
どちらかというと若い女性の方は、気分の不安定な時に、この気持ちに陥りやすいかもしれないです。

「自分は不当な扱いを受けている」という意識が強く、「今の状況の原因を自分ではなく、外部の環境、周りの人間関係に求める」傾向にあります。「被害者意識」と言い換えてもよいでしょう。

自己憐憫の情に溺れていると、口癖は「だって」「でも」「どうせ私なんて」ということになりそうです。
不平不満の塊になり、会話のネタは愚痴と悪口ばかり。
どうも陰々滅滅とした、風通しの悪さが感じられます。

何を決めるにも自分では判断できず、他人の意見を求め、他人の言葉に一喜一憂します。あれこれ、いろいろな情報を収集して、最終的に混乱に陥ります。

何か決めるときは、自分のハートに聞きましょう。ハートは何と言ってますか。他人や外側の環境に左右されず、自分のハートの言い分に耳を傾けてください。

われわれは神(光)の分霊なので、本来は光輝く存在(ハイヤーセルフ・本体・魂)です。みなさんには、本来、価値があるのです。

それが、不平不満、愚痴と悪口ばかりでは、本来の光の存在が曇らされ、光として生きることができなくなってしまいます。
こういう人と会話していると、自分で自分の人生を生きているという主体性があまり感じられないので、だんだん楽しくなくなってきます。

自己憐憫の情を断つには「自分には価値がある。自分が人生の主人公であり、身の回りで起こること、出会う人は自分が引き寄せている」という主体的な意識が必要です。
また、他人と調和して生きていくには、自分だけに向いている視野を広げ「もしかしたら自分も他人に害を及ぼしているかもしれない」という、「加害者」の立場から自己を見つめる、大人の視点が必要です。

自分の価値を認め、「自分が人生の主人公だ」という強い主体的な意識をもって、自分が加害者かもしれないという視点から他人と調和して生きた時、本来の自分(ハイヤーセルフ・本体・魂)として生きることになります。
関連記事

ハートチャクラ

ハイヤーセルフ(本体・魂)のまま生きる方法『あるがままに生きる』足立幸子著 #spiritualjp

何物にもとらわれることなく、現実をありのまま受け止め、さらりと生きていく達人の書があります。

著者の足立幸子さんは、『波動の法則-宇宙からのメッセージ』の著者・足立育朗氏の妹さんです。
『波動の法則』でも、育朗さんと対照的にハートに浮かんだまま即、行動に移す幸子さんの方が、宇宙との発振受振の結果が早く出たという、エピソードがありました。

『あるがままに生きる』足立幸子著(七賢出版・ソフトカバー)

Amazonの書評より、

自我や自己主張といった観念のかたまりの様な作品ではなく、ただただ「宇宙の波動」をアートにしている、本質のみを追求した作品を作ってきたという著者の世界観を示す。〈ソフトカバー〉



そんな著書から抜き書きをまとめられたのは、「ぬきがき「あるがままに生きる」足立幸子」

繰り返し、足立さんの珠玉の言葉を読むことができます。

特に素直な方はどんどん(波動が)あがっていきますから、素直というのは本当に良いことだと思います。

これからはこの「個人」を超えた、「全員つながった所の自分」で生きていく時代なのです。

「真我」に従って、「真我」にお任せで生きていく時代なのですね。

これからは、「本当の自分」の情報に従って行動に移していきますと、宇宙と調和のとれた結果が出てきます。

「透明感のある絵を描くにはどうしたらいいかなあ」と思っていましたら、「魂を磨くしかない」と閃いたのです。

「どうすれば磨けるのかな」と思っていましたら、また「心をすっきりさせるしかない」と閃いて、それでそちらの方を心がけるようになりました。

とにかくどんどん「こだわり・執着」をとって、「欲」の部分をコントロールする作業を始めましたら、みるみる絵に透明感が出てきたのですね。

シンプルになればなるほど、波動が強くなるのです。

私が「うまく描こう」とか欲を出して、「私」の判断で描いていきますと、途端にバランスが崩れて波動が落ちて、絵から出る波動が弱くなってしまいますね。



こちらのブログ記事「ぬきがき「あるがままに生きる」足立幸子」では波動を上げる三つのコツもまとめられてます。
良かったら、ご一読ください。
関連記事

ハートチャクラ

自分のハイヤーセルフからの情報は、「(聴覚に似た言葉が聞こえる)メッセージ」とは限らない #spiritualjp

「自分のハイヤーセルフ(本体・魂)とつながりたい、メッセージをもらいたい」とおっしゃる方のお話をよく聞いてみると、「映像」で見えたり、目の前の自動車のナンバープレートやスーパーのレジで受け取ったレシートに「意味のある数字の羅列」が見えたり、いつも同じパターンがあることに、すでに気づいておられる場合もあります。

パチンコに行こうと車を走らせたら、目の前の車のナンバーに4ケタのぞろ目が見えたから今日はツイテない日だとわかって、パチンコは止めたなど。自分のパターンに気づけば、ハイヤーセルフからのメッセージだと認識して、アドバイスを受け取り、次の行動もとりやすくなります。

それは、ちゃんと自分のハイヤーセルフ(本体・魂)とつながっていて情報をもらえている証拠です。

自分のハイヤーセルフからの情報は、「メッセージ」、つまり聴覚に似た言葉が聞こえるとは限らないのです。


そこのところを、よく認識していただきたいと思います。

そこで、ご提案させていただいているのが、「シンクロ日記」「夢日記」をつけるということです。

シンクロ(シンクロニシティ)とは「意味のある偶然の出来事」のことです。欲しいと思っていたものが偶然、思わぬ人から譲っていただけた、気なる映画の試写会に偶然招待された、知りたかった情報についての本を友人から貸してもらえたなど。

大学ノートでも一冊決めて、シンクロに気づいたら書き留めていきます。案外たくさんのシンクロが連続して起きていることに気づくことでしょう。

そのうち、どういう意識状態の時にシンクロが起きやすいか論理的に分析してみると、あるパターンが見えてくるかもしれないです。

「夢日記」は、やはり大学ノートでも一冊決めて、枕元にペンと一緒に置いておきます。朝、夢見を即書き留めていきます。
なかなかうまく思い出せない時もありますが、それはその通り書いておきます。

そのうち、印象的な夢が自分へのメッセージだということに気づくことがあるかもしれないです。

関連記事

ハートチャクラ

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには(その3) #spiritualjp

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには、前の前の記事で書いたとおり、「ボーっとする」ことでした。ボーっとして頭の働きを休めると、直観力が冴えます。

「自分のハイヤーセルフ(本体・魂)となかなかつながらない、メッセージがもらえない」という方に共通している、とても真面目で努力家の方には、「ボーっとすること」を特におすすめいたします。

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには(その2)は、前の記事で書いたとおり、「ハートチャクラを開く」ことでした。悲しく辛い出来事が重なって、暗い感情を長期間抱くと、ハートチャクラは閉じてしまいます。そういうときは、他の人に助けてもらいましょう。自分の好きなことを好きなだけして、元気を回復しましょう。元気になったら、「自分のハートに聞いてピンと来ることを頭で考えずにとりあえず行動し、行動したらまた自分のハートに聞いてピンと来ることを頭で考えずにとりあえず行動する」という繰り返しになります。

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには(その3)をご紹介する前に、まず、認識していただきたいのは、「全員、生まれる前から自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がっている」ということです。

つまり、われわれは宇宙の根源の光、神様の分霊ですから、本体・魂(ハイヤーセルフ)が肉体よりも先にあるのです。地上に生まれるために、本体・魂は幽体をまとって、その後、肉体を得ます。

「肉体が先にある」という観念を抱いている方はまず、その観念を反転させていただくと良いと思います。その点を良く認識していただきたいです。

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには(その3)は、恐れや不安、辛く悲しい苦しいといった、マイナス感情を手放すということです。
毎日、短い時間を取って自分の感情を観察すると良いです。
しばらくの間、ノートを決めて「感情日記」をつけてみると、自分の感情がよくわかります。

自分の心の中をのぞいて、恐れや不安、辛く悲しい苦しいといった、マイナス感情が主になっていたら、思い切って手放しましょう。
手放す時も、頭で考えないことです。自分の左右の掌でマイナス感情のボールを包むイメージをします。それを天に向かって手放し、神様にお任せします。

公園や並木道など、いつもの散歩コースで、お気に入りの木があったら、その木の下でそっと試してみてください。

心が軽くなるまで、何度も何度も。

だれか見ているんじゃないか。。。大丈夫、みんな自分のことで手一杯だから、誰も観ていないですよ。

助けてくれた木にもお礼を忘れずに。


マイナスの感情で、頭がぐるぐる堂々巡りを始めたら、「ストップ」と口に出して、止めましょう。

その後、自分の好きなことを心に思いつくまま行動に移しましょう。

関連記事

ハートチャクラ

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには(その2) #spiritualjp

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには、前の記事で書いたとおり、「ボーっとする」ことでした。ボーっとして頭の働きを休めると、直観力が冴えます。

「自分のハイヤーセルフ(本体・魂)となかなかつながらない、メッセージがもらえない」という方に共通している、とても真面目で努力家の方には、「ボーっとすること」を特におすすめいたします。

自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには(その2)をご紹介する前に、まず、認識していただきたいのは、「全員、生まれる前から自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がっている」ということです。

つまり、われわれは宇宙の根源の光、神様の分霊ですから、本体・魂(ハイヤーセルフ)が肉体よりも先にあるのです。地上に生まれるために、本体・魂は幽体をまとって、その後、肉体を得ます。

「肉体が先にある」という観念を抱いている方はまず、その観念を反転させていただくと良いと思います。その点を良く認識していただきたいです。

さて、自分のハイヤーセルフ(本体・魂)と繋がるには(その2)でご紹介したいのは、「ハートチャクラを開く」ということです。

苦しいこと、悲しいことが重なって暗い感情を長期間持つと、ハートチャクラは次第に閉じていきます。
楽しいこと、嬉しいことが重なって明るい感情を抱くと、ハートチャクラは開いていきます。

みなさんのいつも目にしている風景が明るく輝いて見える場合、ハートチャクラは開いています。
反対に、いつも目にしている風景が暗く淀んで見える場合、ハートチャクラは閉じかかっています。

どちらでしょうか。

辛く悲しい出来事に遭遇し、どうしても笑顔になれないくらい落ち込んだ時は、周りの人に助けてもらいましょう。優しい言葉をかけてもらい、手を握ったり背中をなでたりしてもらってもよいでしょう。

自分の好物を好きな時に好きなだけ食べて、発散するのもよいでしょう。
好きな香りに包まれて質の良い眠りをこころがけ、たくさん眠りましょう。朝寝、お昼寝、夕寝、結構。

好きなお酒を適当に楽しみましょう。

大好きな音楽を好きなだけ聴きましょう。
好きな入浴剤を入れてゆっくり入浴し、汗をかきましょう。

好きな映画を観ましょう。

元気を取り戻したら、自分のハートに聞いて「ピンとくる」ことを決心して、行動に移しましょう。頭で考えるのは後にして。
とりあえず、行動あるのみ。

行動したら、また自分のハートに聞いて「ピンとくる」ことを決心して、行動する。
行動したら、また自分のハートに聞いて「ピンとくる」ことを決心して、行動する。

その繰り返しです。

次第にコツがつかめると良いです。知らない間に、ワクワクドキドキした、キラキラのミラクルワールドに突入していることでしょう。
関連記事
プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。