スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五次元意識

時間は意識(心のあり方)によって伸縮する #spiritualjp

川崎市にあった勤務先が横浜の「みなとみらい」に移転しました。
それに伴って昨日、自分のデスクの引越し作業が終わりました。
こういうときに限って、〆切がタイトな仕事が一つ入りましたから、昨日は始業から就業時間までずっと「てんてこ舞い」でした。

両方やり遂げることができました。
昨夜は肉体も頭脳もかなり疲労していましたが、その一方で爽やかな達成感を感じられました。、

少し前から、時間の感覚が変わっています。
「時間がなくて絶対に無理!」と思えば時間が足りなくなって物事が達成できなくなります。
反対に「時間があるから大丈夫」と思って、くよくよといろいろ考えず、今できることだけに集中していると、普通では絶対に無理だと予想がつくことも、不思議と可能になっているようです。

すっかり時間の感覚が変わってしまいました。

ワクワクする(自分が)楽しいと思うことをしていると、時間はあっという間に過ぎていきます。物事が軽快に進んでいきます。
でも、気の進まないことを義務として行なっていると、いきなり時間はのろのろと進みます。物事もなぜか滞っていきます。

義務的な物事であっても、あらかじめ頭の中で段取りを空想してシミュレーションしてみます。
なんとか楽しく効率よく進められないか、ああでもない、こうでもないと、パターンを空想していると、楽しくなってきます。
本番当日を前にあらかじめできることがいろいろ見えてきます。

料理は比較的得意なので、材料の下準備から調理、仕上げまでの段取りを頭の中で組み立てることが楽しくもあり得意でもあります。
いくつかの料理をできるだけ短時間で仕上げるにはとちょこっと智慧を絞ることも。

でも頭の中で空想しているのと実際の作業は異なることもあり、それもまた楽しい出来事です。

料理以外にも応用できたら、もしかしたら魔女に近づけるかもしれないと、近頃応用方法を探っています。
関連記事
スポンサーサイト

五次元意識

現実世界を認め、愛する #spiritualjp

今年、10月10日に、「悲しみが薄れた」転機を迎えました。

悲しみ、苦しみはなんとなく感じてはいますが、自分の感情としては、かなり距離感があります。

悲しみ、苦しみよりも、その向こうにあるワクワクドキドキする、楽しいことを見つけるほうに焦点が合ってきているようです。

子供の頃から、変わったところがありました。
ちょっと世をすねていました。
二歳離れた妹からは「宇宙人みたい」といわれてました。
子供の頃からなんとなく厭世観があり、短気で情熱的な一面とは裏腹の、どうしても本気になれない、醒めた気持ちがありました。

10月10日に転機を迎えてから20日が経ちました。すっかり、厭世観まで薄れているのが感じられます。
この世(現実世界)に対する愛、執着とは違う、愛する気持ちが大きくなってきました。
気持ちが反転したようです。

この週末、川崎市にあった勤務先が、「みなとみらい」に移転します。
新しい環境に飛び込むのが苦手です。
なにかと繊細で環境の変化から大きな影響を受けやすい自分です。

あれやこれや、今から心配を始めたらつきないくらいです。
でも、通勤は実際に通勤してみたら次第に慣れていくだろうし、引越しを機に強化される服装の規定(ドレスコード)も最初のうちはスーツを着て様子を見ればいいし、女性従業員であふれかえるだろうと予想される化粧室が混雑していたら時間をずらすか急ぐときは別のフロアに行けば良い、などと。。。多少不便は感じるとしても、たぶん自分はなんとか対処できるだろう、案外平気だろうと想像がつきます。
もう、そういう未来の心配事は瑣末なことに感じられ、どうでも良くなってしまいました。

だからといって、数ヶ月前から毎日のようにあれこれと繰言を述べる同僚のことを下に見るのではなく、そういうことでエネルギーを費やすのはもったいないなと。。。今・ここだけに目を向けられないのかなと思ってみたり。

でも、そんな同僚のことも、あまり気にならなくなってきました。適当に聴いて、適当に相槌を打って流していることもあります
彼女がいろいろ大騒ぎしてくれたおかげで、引越し担当の正社員の男性から新しいビルに関する情報も得られました。

聞いているだけで滅入ってしまうような話の流れ、話題になったときは、すぐに批判的になったり無視せず、相手に愛のエネルギーを送ってみます。

サネヤ・ロウマン著『パーソナル・パワー 光の存在オリン 人間関係とテレパシーを語る』

われわれはつねに自分の気持ちや考えといったメッセージを送信・相手から気持ちや考えを受信しているので、意識を向ければコントロールすることができると学びました。
あとは、実践あるのみですね。
関連記事

家族

箱根ラリック美術館にお出かけしました。

今日の横浜は朝から曇っています。

空気が湿っぽく、肌寒いくらいです。

今朝、朝食もそこそこに、箱根ラリック美術館を目指してドライブしました。

上の娘がルネ・ラリックの作品、とくに香水瓶のファンなのです。

お目当ては、今年の4月17日から11月23日まで開催されてい、新たに収蔵されたルネラリックのアクセサリー4品とともに、「アールヌーボー」展でした。

アールヌーボーの作品は、モチーフが似通った箱根の寄木細工の品々と一緒にガラスケースに入れられ、展示されていました。

こうして見ると、寄木細工は整然とした幾何学模様が主なデザインですから、アールヌーボーの作品との類似性が高いなと気づかされました。

新たに収蔵されたルネラリックのアクセサリーは、それぞれ、薄紫のライラック、トンボ、王子から白鳥へのメタモルフォーゼ(変容)、アザミといった、いつものモチーフが用いられていました。

その中でも薄紫のライラックをモチーフとした、髪飾りは、かなりの大きさ。
実は4つに分解すると、チョーカー、ペンダントトップ、ペンダント2個になるという、一つで4種類が楽しめるという優れものでした。

いったいどんな女性の身を飾っていたのでしょうか。。。豊かな長い金髪に薄紫色の瞳の、身分の高い女性。。。ある程度の年を重ねていた。。。空想が止まりませんでした。

実は、家人と下の娘はあまり工芸品には興味がなく、すでに一度家族で来たこともあるので、庭を散歩していました。

今日の箱根は、広葉樹林の紅葉が始まったところ。

ラリック美術館内の庭の木々もほんのりと色付き始めていました。来週から紅葉も見ごろとなり、人出が多く混雑するのでしょうか。。。と家人と話しながら庭を散歩。

箱根ラリック美術館-1-邂ア譬ケ繝ゥ繝ェ繝・け鄒手。馴、ィIMG_1830_convert_20101024145247[1]
箱根ラリック美術館-2-邂ア譬ケ繝ゥ繝ェ繝・け鄒手。馴、ィIMG_1826_convert_20101024150110


最後は、芦の湖畔にある箱根神社、九頭竜神社分社をお参りして、渋滞を避けるため早々と帰宅しました。
関連記事

チャネリングメッセージ:光の存在から

「今生を精一杯生きましょう」ペトルホボット氏が提唱する満月テレパシー瞑想 #spiritualjp

今日は満月です。今朝は朝6時から
チェコスロバキア出身のシャーマン・ペトロホボット氏の提唱される満月テレパシー瞑想
参加しました。

ヘミシンクのCD「ゲートウェイ・エクスペリエンス『Focus15創造と具現化』および『Focus15の探求』」を聴きながら、フォーカス12の意識になったころ、早々とペトルホボット氏からメッセージをいただきました。

これは夢ではありません。満月のエネルギーをしっかり感じて受け取ってください。



一緒に参加しようと誓っていた、マタジュローさん、ヘイジさん、尾崎龍聖さん、りりまなさんの姿も感じられます。
「後で翠カフェでお茶しましょう。」とテレパシーで伝えました。

20分間、白い光をイメージして満月パワーを感じながら口でエネルギーを吸い込み、肺から血液循環を通して全身に送ります。
その後10分、頭頂部から白い光が第三の目から入り鼻骨の根元にとどまるのをイメージします。
その後15分、視床下部のところに白い光がとどまるのをイメージします。
その後15分、頭頂部から白い光が入り背骨を通って全身を貫いていくのをイメージします。

すると最後の行程に入ったとき、光の生命体からメッセージが降りてきました。

「われわれはアルクトゥルスからやってきました。

今日は満月です。月のエネルギーが最大になります。

みなさんは肉体を持って三次元の世界に生まれ落ちました。

自分で選んでやってきました。

苦しいこと、哀しいこと、辛いことがたくさんあります。今までずっと転生するたびに何度も何度も苦しい体験を繰り返してきました。

苦しさ、哀しさ、辛さも十分味わってください。

人間関係の軋轢、争いごと、戦争さえ、肉体を持っていない、われわれには経験できないものです。

わたし「では、戦争さえも、殺し合いさえも、神様・創造主・絶対的存在のご意思なのですか。」

そうです。戦争、殺し合い、傷つけあいも、絶対的存在のご意思です。

この世のすべての出来事はただの「現象」であり、大切なのは「体験すること」です。

苦しいこと、哀しいこと、辛いことを避けることが良いわけではないのです。

逃げずに体験しましょう。すべては体験です。

宇宙はもともと「空」であり、なにもないものです。時間も空間もありません。

地球では時間も空間も物質もお金も肉体も存在するように感じられ考えられます。

みなさんは、またとない機会を得ているのです。

今生を精一杯生きましょう。死さえも学びです。死ぬまで学びです。

生き尽くしましょう。

わたし「わかりました。ありがとうございます。」

わたし「一つお聞きしたいことがあります。フリーエネルギーは実用化されて普及するのでしょうか。」

未来の出来事は定まっていないのです。今ここでみなさんが願うこと、イメージすることが未来を形作ります。ちょうど青写真を描くように、現実の鋳型ができるのです。

そういう意味では、フリーエネルギーの実用化、普及を、世界平和のためのビジョンとして描くことは大切です。

わたし「判りました。ありがとうございます。」



その後、白く金色に輝く光が頭頂部から足先まで貫き、全身が細かく振動して、軽い金縛りのような感じがしばらく続きました。
不思議と不安や恐怖は感じられず、安心感がありました
ペトルホボット氏を経由(媒体と)してアルクトゥルスの光の生命体と確かに繋がっているのかもしれない、と思っていました。

7時のアラームが鳴って終了が知らされる頃、軽い金縛りが解けて、白い光が遠のき、身体が弛緩してきました。

「体験したことに感謝しましょう。」という、ゲートウェイエクスペリエンスのナレーションに大きくうなづきながら。。。

ビジョンとしては、田舎に引っ込んで、実家に土間を新設したのか、陶芸用の釜、ピザやパンなどを焼く釜が備わった、調理用の台所に間続きで、サンルームのように日当たりの良いリビング・ダイニング・ルームで仲間たちとワイワイ楽しく話していました。

世界平和を含めて、願い事も一杯しました。
願いが叶うことをしっかりイメージしました。

ポジティブ志向だけではない、地に足の着いた、メッセージを頂いたような気がします。
まさに地球とともに歩め、精一杯生きろ、ですね。
関連記事

チャネリングメッセージ:光の存在から

ホワイト・ブラザーフッドほか光の存在からメッセージをいただきました。(2)未来をポジティブな方向に向けるためのプロジェクトUNITED HEALING POWER #spiritualjp #hemisync

おはようございます。
今朝の横浜も曇りで、肌寒いくらいです。

満月の2日前です。今朝も
チェコスロバキア出身のシャーマン・ペトロホボット氏の提唱される、「未来をポジティブな方向に向けるためのプロジェクトUNITED HEALING POWER(回避プロジェクト・世界テレパシー瞑想)」
ヨーロッパで瞑想が始まる朝5時から参加しました。

ヘミシンクのCD「ゲートウェイ・エクスペリエンス『Focus15の探求』」を聴きながら、フォーカス12の意識になったころ、早々と肌の色、髪の色が異なる大勢の人たちを知覚することができました。

たぶん瞑想の参加者でしょうか。

マタジュローさん、ヘイジさん、尾崎龍聖さんの似顔絵そっくりの方、たぶん尾崎さんでしょうが、お会いしました。
「おはようございます。こちらでは、はじめまして。」
「こちらこそ。今日もしっかり瞑想いたしましょう。」などと会話しました。

小柄でかわいらしい感じの方も見かけます。りりまなさんかもしれません。
「おはようございます。はじめまして。」
「おはようございます。こちらこそ、はじめまして。楽しみですね。」

みなさんを「翠のカフェ」にご案内しました。
着物を着た、わたしの分身に瞑想後、みなさんに『お薄』でおもてなしするように頼みました。
後でゆっくりお話しましょう。

さて、「これからペトルホボットさん提唱の『世界テレパシー瞑想』に参加します」と宣言して、瞑想を始めました。
その直後にペトルホボットさんらしい方からコンタクトされました。
ペトルホボットさんからは、昨朝と同じく精妙で温かく白く明るいエネルギーが感じられました。

テレパシーでメッセージが伝わってきました。

「おはようございます。

回避プロジェクトにご参加いただき、ありがとうございます。

これは夢ではありません。

光の存在から直接コンタクトされたせいで、瞑想終了後に超感覚的知覚能力、治癒能力が増大することがありますが、安心してください。」



しばらくすると、白く輝く光に包まれました。
はきはきした感じでメッセージが伝わってきます。男性的なエネルギーが感じられます。

「われわれは『ホワイト・ブラザーフッド』です。

地球は今、目覚めの最中です。
地球人は奴隷の身分、つまりマトリックスのような監獄に収監された囚人のような身分にあります。
ところが、多くの地球人はそのことに気づいていません。
金銭的なことで自分の価値を計ったり、社会的階層、住所、学歴などで差別をして競争させられ、神経が麻痺してしまっているからです。
拝金主義から脱却し、人生の本当の意味、無条件の愛を知ることに目覚めるべきときです。

みなさんは時代の先駆者です。先覚者です。
目覚めていない人たち、これから目覚める多くの人たちに、目覚めについて知らせ、道案内をする役目があります。
地球人が目覚めることによって地球の目覚めが加速されます。
われわれは地球人を応援しています。

みなさんは、光に繋がりました。われわれが守ります。もう大丈夫ですから、安心してください。」

わたし「ありがとうございました。」



しばらくすると、白っぽい金色の小さな光のボールが右の目の奥に見えてきました。
クラウンチャクラから暖かな白い光が降りてきて、からだの中心を通り腕を伝わって掌と、脚を伝わって足の裏側まで抜けていきました。足の裏がジンジン熱くなってきました。

その光の存在からテレパシーでメッセージが伝わってきました。柔らかな優しい女性的な感じがします。

「われわれはアルクトゥルスからやってきました。

ペトルホボットさんが提唱される回避プロジェクトに参加していただき、ありがとうございます。

あなたがたはシャーマンです。自分を他人を癒すことができます。
ヒーリングは人間が本来持っていた能力です。

あなたがたは宇宙人です。『周りになじめない自分、周囲から浮いてしまう自分』に気づいていたでしょう。宇宙人だからです。
あなたがたの周りは地球人ですから、宇宙人であるあなた方はなじめず、周囲から浮いていました。
でも、地球人はもともと持っていた能力を封じられてきました。可愛そうな存在です。

われわれはあなたがたのヒーリング能力を高めます。今までより数倍、ヒーリング効果があります。
自他を癒してください。
ヒーリング時に、ハートチャクラとスロート・チャクラの中間ぐらい、胸の前辺りに「第八のチャクラ」があります。そこを意識してください。
ハートのエネルギーが高まっているのがわかると思います。

わたし「それはレイキのエネルギーでしょうか。」

レイキではないです。アルクトゥルスの光のエネルギーです。
みなさんはわれわれ光の生命体とコンタクトしたため、アルクトゥルスの光のエネルギーを扱えるようになりました。
自他を癒すことは地球を癒すことになります。
わたし「ありがとうございます。」」



しばらくすると、また白く輝く光に包まれました。また、はきはきしたメッセージが伝わってきました。

「われわれはホワイトブラザーフッドです。

戦争を起こさないため、二元論から脱却してください。

『わたしは正しい』と『正義』をふりかざすと、必ず『わたしこそ正しい』と反証してみせる『敵』が『別の正義』を振りかざします。争いの始まりです。

『真偽』『清濁』『白黒』などの二元論は、対立をもたらします。紛争、戦争の始まりです。

平和を樹立するには一元論に基づいて感じ考え行動してください。

あらゆることが『正しく、間違っている』グレーゾーンのグラデーションなのです。

平和のため、心に留め置いてください。

わたし「ありがとうございます。」」



やがて、ヘミシンクのCD「ゲートウェイ・エクスペリエンス『Focus15の探求』」のナレーションから「フォーカス15からフォーカス12に戻ってください。」と促されました。

ナレーションにしたがってフォーカス12に戻り、フォーカス10に戻り、いつもの意識に戻りました。

瞑想終了後しばらくの間、軽い眩暈がしていました。すぐ治りました。

今朝も、「今頃、フォーカス15にある「翠のカフェ」で、マタジュローさん、ヘイジさん、尾崎龍聖さん、りりまなさんと、たぶんお茶会をしてお話しているだろうな。。。」と思いつつ、弁当・朝食作り、洗濯などの家事をこなしたのでした。

ところで、昨日、午後から体の細かい振動を感じます。心地よい振動です。
周波数が変動しているのかもしれないと思っています。
関連記事

チャネリングメッセージ:光の存在から

光の存在からメッセージをいただきました。未来をポジティブな方向に向けるためのプロジェクトUNITED HEALING POWER #spiritualjp #hemisync

おはようございます。
今朝の横浜は雨です。一雨ごとに寒くなるというとおり、気温が下がっています。

今日は満月の3日前です。
、チェコスロバキア出身のシャーマン・ペトロホボット氏の提唱される、「未来をポジティブな方向に向けるためのプロジェクトUNITED HEALING POWER(回避プロジェクト・世界テレパシー瞑想)」が催されました。
わたしは、ヨーロッパで瞑想が始まる朝5時から参加しました。

ヘミシンクのCD「ゲートウェイ・エクスペリエンス『Focus15の探求』」を聴きながら、フォーカス15の意識になると、肌の色、髪の色が異なる大勢の人たちを知覚することができました。

この人たちは瞑想の参加者でしょうか。

その中に、マタジュローさんの似顔絵そっくりでちょっと髪型の異なる方、たぶんマタジュローさんでしょう。
思い切って声をお掛けしました。
「おはようございます。こちらでは、はじめまして。」
「こちらこそ。今日はたくさん参加されてますね。」などと会話していると、ヘイジさんらしき陽気な女性が「おはよう」と声をかけてきました。

「こちらでは、はじめまして。」
なんだかウキウキと楽しそうな方です。こちらまでヘイジさんの陽気なエネルギーが伝染してきました。

お二人を「翠のカフェ」にご案内しました。
着物を着た、わたしの分身が「おはようございます。いらっしゃいませ。朝ですから、『濃茶』よりも『お薄』がいいですね。瞑想終了後におもてなしいたしますので、どうか、お寄りください」と言ってます。

後でゆっくりお話しましょう。

さて、「これからペトルホボットさん提唱の『世界テレパシー瞑想』に参加します」と宣言して、瞑想を始めました。
その直後にペトルホボットさんらしい方からコンタクトされました。
ペトルホボットさんからは、いつものように精妙で温かく白く明るいエネルギーが感じられました。

テレパシーでメッセージが伝わってきました。

「おはようございます。

回避プロジェクトにご参加いただき、ありがとうございます。

これは夢ではありません。

光の存在から直接コンタクトされたせいで、瞑想終了後に超感覚的知覚能力、治癒能力が増大することがありますが、安心してください。」



しばらくすると、白っぽい金色の小さな光のボールが右の目の奥に見えてきました。
クラウンチャクラから暖かな白い光が降りてきて、からだの中心を通り腕を伝わって掌と、脚を伝わって足の裏側まで抜けていきました。足の裏がジンジン熱くなってきました。

その光の存在からテレパシーでメッセージが伝わってきました。

「われわれはアルクトゥルスからやってきました。

ペトルホボットさんが提唱される回避プロジェクトに参加していただき、ありがとうございます。

地球を愛と平和の星にしたいというのが、われわれの願いです。

みなさんのご自分の心を愛で満たしてください。それから、地球上のあらゆる生命に無条件の愛を注いでください。

みなさんの心の内側を平和にしてください。今ここで安心してください。

そうすれば、みなさんの心の内なる平和が外側の世界に反映されます。平和な地球が実現されます。」



足の裏の熱さを感じながら、ひたすら地球が今後数年、民族間・国家間など対立するコミュニティ間で紛争が起きないこと、世界が平和であることを祈りました。

やがて、ヘミシンクのCD「ゲートウェイ・エクスペリエンス『Focus15の探求』」のナレーションから「フォーカス15からフォーカス12に戻ってください。」と促されました。

ナレーションにしたがってフォーカス12に戻り、フォーカス10に戻り、いつもの意識に戻りました。

肌寒い朝ですが、今は手足がポカポカと暖かくなっています。
瞑想終了後しばらくの間、軽い眩暈がしていました。すぐ治りました。

「今頃、フォーカス15にある「翠のカフェ」で、マタジュローさん、ヘイジさんとお茶会をしてお話しているかな。。。」と思いつつ、弁当・朝食作り、洗濯などの家事をこなしたのでした。
関連記事

ハートチャクラ

悲しみの記憶が薄れ、いつも上機嫌に。#spiritualjp

先々週、三連休を利用して帰省したときのことです。

実家は中学高校時代の思い出が詰まっています。
普通は青春を謳歌しているはずの中学高校時代をほとんど、家庭環境のせいで悲しく胸がふさがる思いで過ごしました。
楽しいことがないわけではなかったけれど、実家に帰ると悲しく重苦しい気持ちが思い出されます。
悲しみのエネルギーが残存しているのかもしれないと自分で分析しています。
今当時のことを思い返せば、思春期という感じやすい年頃でもあり、自分の感受性の強さ、繊細さのせいで、大したことがない出来事に必要以上に強く反応して感情の振り幅が大きくなっていたのかもしれませんが。。。

大学進学を機に、悲しい思い出の詰まった実家を離れることができました。土地とのしがらみから解放されて、匿名性の自由さに開放感を得られ、都会の生活を満喫していました。

ところが帰省するたび「どうして田舎(実家)に帰ってこられないのか」父から質問されたものです。
悲しく辛い思いをした場所(故郷・実家)に戻るということはずっと困難に感じられていました。

曾祖母の土地と家屋敷の相続問題で、親戚と父がもめていたこと。。。その問題の土地には何の罪もないのに。

このことに気づかされたのは、風織先生のレイキ講座レベル2を受講してからのことです。

土地自体にはなんの意味もないのに、人間が所有権という概念を持ち、土地を線引きして所有者と非所有者を決め、係争しているだけです。

今回、その問題の土地と隣接している実家に帰省して、土地にまつわる自分の悲しい思い出がずいぶん薄れたことに気づきました。
悲しい記憶が薄れるまでに30年の月日がかかりました。わたしはようやく解放されたのです。自分の憎しみから。

自分の感情は選べると言います。いつも上機嫌でいることの大切さを説く人がいます。

この土地問題の記憶については、どうしても忘れられないと自分で思い込んでいました。
土地を巡って争った親戚縁者のことを憎く思っていました。頑固だった父のことも憎く思っていました。

今、父を含めて彼らのことがまったくどうでもよくなりました。実家と土地のことを思っても、何の悲しみも感じられなくなりました。
つまりニュートラルになったのです。

土地のことを問題視していたのは自分の心のとらわれのせいでした。一種のこだわりでした。

土地を巡って争ってきた親戚縁者、父のことを、ようやく暖かな目で見つめられそうです。
これから実家に帰ってもリラックスできそうです。

横浜の自宅に帰る中央高速上り線から諏訪湖と八ヶ岳の風景を見るたび、今までは故郷から離れられるという開放感と同時に父母を故郷に捨ててきているような罪悪感を感じていました。

今回、諏訪湖と八ヶ岳を見てもまったく何も感じられなかったのです。
ようやく自分の心の中心軸を保って、本来の自分とつながって、いつも上機嫌で毎日を過ごせそうです。
たとえ実家にUターンして定住したとしても、外国や宇宙に移住したとしても、もうどこに住んでも大丈夫だと、心の底から思えます。
長い長い道のりでした。わたしの10-10-10は、魂の開放記念日になりそうです。


関連記事

ハートチャクラ

波動の低い人たちからのコントロール、怒り・攻撃からの最大の防御は愛である『パーソナル・パワー―光の存在オリン、人間関係とテレパシーを語る』 #spiritualjp

今朝の空気は冷んやりしていました。しかも湿っぽく今にも雨が降り出しそうです。
自宅マンションの目の前にある広葉樹もいつの間にか黄色く色づき始め、すっかり秋になっていました。

今年の二月に風織先生からレイキ・レベル2を伝受いただいたとき、自分が他人のエネルギー(想念)に影響されやすいことをギフトとして受け取ることができました。

あれ以来、テレパシーのように他人の気持ちが伝わってくることを受け止められるようになりました。
また、満員電車や人混みの中で眩暈がしたり気分が悪くなるのも、大勢の人間の様々なエネルギー(想念)を一気に感じて、共感してしまう性質のせいだったと知ることができました。
自分の体を光の繭でくるむようにイメージすれば、満員電車や人混みのなかでもある程度、気分良く過ごせるようになったのも、レイキで自分の性質を知ったおかげです。

しかし、日常生活では、相変わらず他人の感情に影響を受けています。
喜び楽しさなどのポジティブな感情のエネルギーを感じると、こちらも気分が高揚して、その場の相手と一緒に楽しむことができます。ヒーリングを受けているような感じもします。

ところが、怒りや悲しみなどのネガティブな感情のエネルギー、嫉妬や攻撃などの邪悪な想念のエネルギーについては、アタックを食らったようになって、消耗することもあります。
実際、サイキック・アタックというのはあるようです。

そうすると極端に言えば、日常的にわれわれは無意識か意識してか、ヒーリングまたはサイキック・アタックのどちらかを行っていることになります。
サイキック・アタックを行う人のことは、別の本では「エネルギー・バンパイヤ(吸血鬼)」という、怖いネーミングで語られています。

このサイキック・アタックから身を守るにはどうしたらいいのでしょうか。

相手が口上では美辞麗句を述べていたとしても、心の底にある悪意や邪悪な想念、ネガティブな感情が相手からテレパシーで伝わってきたとしたら。。。

こうした疑問に答えてくれたのが、
『パーソナル・パワー―光の存在オリン、人間関係とテレパシーを語る』でした。

まず自分の心の状態を知ること、自分の波動を高く保つことが前提条件です。
その方法が述べられています。

その上で、光の存在であるガイドとつながり、ガイドに助けを求めることの重要性が語られています。

対人関係では、いかに相手のネガティブなエネルギーを受け止めずにすむか。
最大の鍵は、「相手に愛(高い波動)を送ること」です。
怒っている人、攻撃的な人は、愛の足りない人です。彼らは普通、大勢から忌み嫌われ避けられる存在です。ところが、彼らこそ、愛を必要とする人なのです。そして、相手に愛を与えることが最大の防御になるのです。

この箇所を読んでいて、「参りました。」と言いたくなりました。

そして、「かつてはわたしも『愛が足りない』『愛を乞う人』だった」こと、しかも、「いつでも『愛を乞う人』になる可能性がある」ということに、愕然としました。

いったい、わたしは愛を与える存在になることができるのか。。。「『立派な人』になる必要はない」という本書の箇所によって、救われます。
関連記事

チャネリング・メッセージ:木花咲耶姫様からのメッセージ

トラックバック:木花咲耶姫様からのメッセージ #spiritualjp

初めて富士山を見たのは小学4年生のとき、富士吉田にある富士急ハイランドにバスで旅行したときでした。それ以来、大の富士山好きです。

富士山は四季折々、四方八方遠近どこから眺めても美しい姿を見せてくれます。

そんな富士山の守り神、木花咲耶姫様のことも大好きです。木花咲耶姫は桜の花の文様とともに絵画や彫刻として、古くから表現され、敬愛されてきました。
先日おまいりした、恵那神社・奥宮にも天照大神とともに祀られていたのは不思議なご縁です。

木花咲耶姫様からのメッセージが、かねてから学ばせていただいている、「アルク」さんのサイト「アルクトゥルスかく語りき」で公開されています。

長文ですが、全文ご紹介させていただきます。

木花咲耶姫 様から「アルク」あてに降ろされたメッセージですが、多くの方が、この時の「アルク」と同じ状態にあると思います。自分宛のメッセージと思って読んでみてください。「木花咲耶姫 様からのメッセージ」

鎧があります。

綺麗な鎧があります。

汚い鎧があります。

力をなかなか見せることが出来ない鎧があります。

着ていることが重い鎧があります。

強い力をつけなければならない鎧があります。

自覚することを伝えています。

今、まだ どんなに繋がりをつけていることを

お知らせとしていても、

自分の中に強い思いが向けられないうちは

光が届くことに 困難があります。

しかし 光はあなたを求めて、 深く、 深く 、

入らなければならないことになっています。

信じて、繋がることを強く思いながら

自分の生きていく生き方の中に、

自分のやるべき事を どうぞ強く

強く 思いを向けてくださいませ。

しかし、 神界の役割の中にありては、

まだ困難な事があります。

今はただ、自分を磨き、

本当の自分を世に広げる力となる、

そのあたたかな想いを真実として、

貴方がやらねばならぬこと。

それともうひとつ

あなたと共に歩む者を どうぞ大事にし、

信じ合うこと、求めあうこと、繋がりあうこと。

世の中には、

自分だけでは生きていけないということがあります。

神界もまた同じ。

一人の神のこと 二人の神のこと 

三人の神のこと 四人の神のこと

みな想いを見つめ 認め 神界も 

そのように働くことを致しております。

それと言うのも 

人は 人型の中に歩まなければなりません。

人がやらねばならぬことを通し、

神界の繋ぎをつけることを致しております。

それをもっと もっと 

強く思いを向けて 信じて歩んで下さること。

世の中の困難をどのように捉え、

自分の生き方が、どのようにそれと結び合いながら

光が入ることを うれしく うれしく 

受けて 繋がりを致しましょう。

喜びのこと、強く 強く 伝えます。





チャネリングメッセージ:観音様からのメッセージ

観音様からのメッセージ:扉が開かれます。#spiritualjp

今朝は雨上がりです。洗濯物をベランダに干そうか迷いました。白い雲の間から青空がのぞいていたので、思い切ってお日様に当てることに。。。正解でした。今、すっかり天気が回復しています。

10月も半ばだというのに、蒸し暑いくらいの陽気です。

さて、先月、観音様からメッセージを頂きました。個人的な内容なので公開しようか迷いましたが、もしかしたら読者のみなさんにも共通するものがあるかもしれないので、日記につづります。

間もなく扉が開かれます。○○○(家人)の扉の方が先に開きます。
その中に入ると、もう一人の自分が目覚め、自分が感じている感情を遠くから眺めているような、すっかり落ち着いた精神状態になります。
そこは恐れや不安のない、平安な場所です。

(あなたは)来年はじめに大切な人を失うことになります。喪の悲しみを乗り越えて進みましょう。
深い悲しみを感じることによって、他の人の悲しみを自分のことのように感じられるようになるので。


文章にすると短いものですが、10-10-10のタイミングに先駆けて頂いたメッセージでした。

以前から学ばせていただいている、サイト「たまむすび」の最新記事『十十十 ∞を越えて』と「扉が開く」という点が偶然一致しています。

引用はじめ--->

反転は終了し、全体が新しいサイクルに突入しています。

イメージ的には、後ろを振り返ると、自分が入ってきた扉が見える、という感じです。
まだ新しい部屋は、空白で、白くて何もない状態で、あなたがそこを形作っていきます。

その部屋を飾るも良し、次の扉を開くも良し、窓をつけるも良し、そうしているうちに、入ってきた扉は消滅します。
そして知らない間に、その新しい部屋(時空間)に移っています。

日常生活は今までと特に変わりなく続きますが、感覚の鋭い人は微細な違いに気がつくことでしょう。

これから少しずつ新しい価値観、感覚、認識等がやって来ます。
すでに新しい「部屋」に移った人は、抵抗少なく、それを受け入れていくでしょう。

まだ前の「部屋」の残骸の記憶のある人は、その処理に関わらねばならないので、少々アップダウンすると思います。

自分の中のなじみの深い負の感情が出てきている人はチャンスです。

起こりっぽい、批判的、人見知りする、疑い深い、気を使いすぎる、人が信じられない、自己卑下、依存的、独裁的、攻撃的、寂しい、愛されない思い、何事も続かない、etc.

昔から感じていた感情で、自分が好きでない感情、もう手放してクリアしたのに、、、と思った感情などが浮上している場合もあります。

その感情をもう一度感じて、手放したいのか、保っていたいのかを選択できるチャンスが来ています。

気分的には「またこの感情か、、、」といやになるかもしれませんし、やっぱり自分はこれから逃れられない、生まれついてのものだなと思ってあきらめたくなるかもしれません。

が、あきらめないでください。

今、自分の奥に潜んでいたもう一人の自分が目覚めつつありますので、古い自分の考えを保ち続けたいのか、もう一人の自分に移り変わりたいのか、問い合わせが来ているのです。

もう一人の自分に移り変わりたいのなら、慣れ親しんだ負の感情を手放す意志が必要となりますので、そのように意図しなければなりません。


<---引用おわり

いま激しい負の感情にみまわれているとしても、もう一人の自分に移り変わりたいのなら、慣れ親しんだ負の感情を手放すよう強く意図することが大切だ説かれています。

これから扉を開けて入る真っ白な部屋をどのようにしつらえるか考えるだけで、わくわくどきどき楽しくなります。
関連記事

五次元意識

リヴィング・ウィズ・ジョイ---サイト『霊性の時代の夜明け』が更新されました。 「幻想を手放しなさい」#spiritualjp

体育の日を最後に三連休が終わりました。
先週金曜日の夜、家人の運転で中央高速道路を走り、深夜に飯田インターに到着し、三連休を信州の実家で過ごしました。

今朝は日常生活に戻り、いつもの満員電車に乗って出勤です。

実は先週半ばから胃腸の浄化の症状がひどく、あまり食べられませんでした。特に10月10日は症状が激しくなりました。昨日も症状は残り、今日、なんとか通勤できて安心しています。

この2010年10月10日は「10-10-10」という10のゾロメの日でした。何かエネルギー変化の日だったかもしれないです。

この日の朝、家人が運転する自家用車で信州の実家の母と、下の子、私の四人でドライブしました。
中央高速飯田インターから下り線に乗り中津川インターで降りて、最初の目的地、岐阜県中津川にある恵那神社(里宮)を参拝しました。
こちらには天照大神、その両親である伊邪那岐、伊邪那美が祀られています。

岐阜と長野の県境にある、百名山の一つ「恵那山」には天照大神が誕生したときの「胞衣(エナ・胎盤および臍の緒)」が収められているという、いわゆる「天照大神の胞衣伝説」があります。恵那山の山頂には恵那神社の奥宮があり、伊邪那岐、伊邪那美の2神を祭った奥宮本社と、それを守る6つの社があります。その6つの社は、一言主大神(ヒトコトヌシオオカミ)、木花咲開姫大神(コノハナサクヤヒメオオカミ)、速玉男命(ハヤタマオノミコト)、天照大神・豊受姫大神(アマテラスオオミカミ・トヨウケヒメオオカミ)、天目一箇命(アメノマヒトツノミコト)、猿田彦大神(サルタヒコオオカミ)です。

今夏参拝した、阿智神社・里宮阿智神社・奥宮本宮(たぶん古墳)に祀られているのは、天照大神の胞衣(エナ)つまり恵那山・恵那神社をお守りする「アチヒコ(阿智彦)、没後神社に祀られている名は思兼尊」でした。

この日、恵那神社・里宮をお参りしたことで、天照大神所縁の阿智神社と恵那神社を光でつなげることができたような気がします。これについては後日、詳しくつづりたいと思います。

その後、中央高速上り線に乗って岡谷インターで降りて、次の目的地、SUWAガラスの里・北澤美術館を訪れました。
こちらには、ルネ・ラリック、ガレ、ドーム兄弟など、アールヌーボー時代のガラス工芸品が常設展示されています。
お目あては2階にあるショップの方、ルネ・ラリックの大ファンである上の子のお遣いです。フランスのガラス工芸メーカー「ラリックLALIQUE」の香水ミニチュアサイズ4本セットを購入しました。

次は母のお目当て、中央高速・諏訪インター近くにある、峠の釜飯「おぎのや」でおみやげ物を山ほど購入しました。
三連休はクジ引きをしていました。家人がクジを引くと、なんと2等、木製の「オセロゲーム」を引き当てました。クジ引きの係りの女性も、一枚しかクジを引かなかったのに2等があたり、驚いた様子。
クジの引き換え品の陳列を見て、下の子が「オセロゲーム欲しいな」と言っていたので、これは「引き寄せ」なのではないかと不思議なシンクロに驚きました。

連休の初日には、母と一緒に買い物に出かけたホームセンターで、地デジ対応の大型液晶テレビを家人がみつけ、即購入でした。
母の予算のおよそ半額という、お買い得価格でありながら国産で、実家の広いリビングルームでも見劣りがしないくらいの大画面で、どの角度からも液晶画面を見ることができ画質もきれいと、三拍子も四拍子もそろっていました。
母の余った予算は、家人の部屋の地デジ対応テレビに回されることに。。。ありがたいことです。

昨日は、朝のうちに中央高速道路を上って帰宅しました。
10月半ばとは思えないほどの陽気で、秋晴れに恵まれたおかげで、南アルプス連峰、中央アルプス連峰、諏訪湖、八ヶ岳、富士山といった美しい景色を堪能することができました。

実家の母は地デジ対応テレビを手に入れ、わたしたち家族四人はそれぞれやりたかったことができ、欲しかったものを手に入れ、目的を達することのできた、楽しい三連休でした。

帰宅した昨日、偶然見つけたのは、以前から学ばせていただいているサイトの更新でした。「霊性の時代の夜明け」『幻想を手放しなさい』

引用初め。--->
10-10-10 (2010年10月10日)が近付くにつれて、「幻想を手放しなさい」というはっきりしたメッセージが届いています。「愛以外の何かがリアルであるという幻想を手放しなさい」。「あなたの人生にこれからも苦難や苦労があるだろうという信念を手放しなさい」。パラダイスがあなたの本当のリアリティなのです。目を開きなさい。あなたはそこに行く必要はありません。あなたはいま、そこにいるのです。

(中略)

古い庭とは、私たちが欠乏や、困難や、葛藤を信じていることを表します。古い庭は、私たちが成長と進化のために、たくさんの経験を積む場所でした。私たちはこれからも成長と進化を続けます。けれども、そのためのこの特別の方法は、もはや卒業する時です。ソ、ツ、ギョウ。卒業です。私たちは、私たちの本来の姿に目覚めようとしているのです。そこには、恐れや疑いや心配は存在しません。存在しません。私たちは、私たちの本当のリアリティに目覚めようとしています。そこでリアルなのは愛だけです。

私たちの持つレベルの低い感情、たとえば嫉妬、復讐、非難などは、私たちの成長の旅に役立ってきました。けれども、これらは、パラダイスに所属するものではありません。私たちが、互いにばらばらの存在であり、宇宙の根源からも切り離されているという信念は、私たちの成長に役立ってきました。けれども、それは単なる神話にすぎません。私たちはみんな、いつでも一つにつながっているのです。私たちが問題や課題を抱えているべきだという信念は、ある目的を果たすためには便利な物語でした。けれども、それは要するに物語にすぎません。私たちが、平和で、調和的な、持続可能な人間社会を作るための解決法を持っていないという信念は、まもなく、信じがたい過去の歴史になるでしょう。私たちが、必要なものを何でも手に入れて、しかも毎日好きなことだけやっていられるような世界なんて不可能だという、私たちの強固な信念は、未来の世代から笑い物にされるでしょう。私たちがこの宇宙で唯一の生物だという私たちの常識は、夢の中にだけ存在した観念ということになるでしょう。私たちは、その夢から目覚めようとしています。私たちが自分で作り上げた牢獄に別れを告げる時です。その牢獄で、私たちは、かわるがわる、囚人と看守、奴隷と主人、犠牲者と迫害者の役を演じてきたのです。
 
(中略)

あなたの心を宇宙の根源のエネルギーに同調させる時です。あなたの心をあなたの真の自己と真の姿に同調させるときです。あなたの心をあなたの本来の姿に同調させる時です。いまこそ、大いなるリアリティを思い出し、あなたの心をそれに同調させる時です。大いなるリアリティは、あなたがそれを思い出し受け入れることを待っているのです。
 
どうしたらいいのでしょう?
 
毎日、上に述べたことを肯定し、次のように言ってください: 「私はいま、私の本当の姿に、根源のエネルギーに、私の最高の自己と本質に、私のこころを同調させます」。
 
意識的にあなたにとって益になる考えを選んでください、パラダイスの現実を表現する思考を選んでください: 「私は完全に健康です。私はお金を自由に使えます。私は愛と喜びに満ち溢れています」など。このような言葉を言いながら、その言葉を感じ、あなたの言葉にふさわしい場面にいる自分を想像してください。こうすれば、あなたの心がパラダイスに同調するのを助けることができます。もしあなたがパラダイスに住みたいと思うなら、これは、ぜひともしなければならないことです。
 
古い幻想に同調した思考に気付いてください: 「できない、不可能だ」とか、欠乏の信念に基づいた思考に気付いてください。そのような思考や感情に気付いたら、気に入らない音楽のチャネルを切り替えるように、スイッチを切り替えてください。何かポジティブな思考に切り替えるか、よいことや元気の出ることを感じるようにする習慣を身につけてください。これは、あなたのこころからの感情を抑えたり、偽りのしあわせ顔をしなさいと言っているのではありません。力が抜けるような、制約や限界や恐れに根差した思考に気付きなさいと言っているのです。そのような考えは文字通り有毒なのです。それは、古い習慣からうまれてくるもので、あなたの人生に何も建設的な貢献はしてくれません。
 
安らかに行きなさい。幸せでありなさい。私たちはカルマと取り組み悪戦苦闘するためにここに来たのではありません。その時間は終わりました。いまは目覚める時です。新しい周期に入り、新しいリアリティに入る時です。これがいま起こりつつあると信じなさい。そして、あなたの心に、あなたが道を切り替えるのを助けてくれるように求めなさい。


<---引用終わり。

ここで言う「欲しいもの、必要なもの」は「三次元的な、いわゆる物質」とは限らず、人や機会であると考えられます。
自分は無力な存在ではなく、未来を変えられるのだという、強めのアファメーションを唱えることが今、必要なようです。

そういえば、先週、読み終わった本サネヤ・ロウマン著『リヴィング・ウィズ・ジョイ―光の存在オリンが語る愛と喜び』にも同様の一節がありました。

近々ブログにつづりたいと思います。


関連記事

日本語訳:チャネリング・メッセージ

日本語訳チャネリングメッセージ:五次元のエネルギーに協調すると、新生地球の夢が孵化する #spiritualjp

Aligning with Fifth-Dimensional Energies Incubates the Dream of the New Earth

2010年9月25日 午後4:16pm
チャネラー:DL Zeta

五次元のエネルギーを活性化しこれに協調するにつれて、他の人たちと一緒に新生地球の夢を孵化する機会が訪れることになります。

つなぎのアイデンティティを構築する方法

この夢を描く部品によって現在、「2つの世界を歩ける」という、つなぎのアイデンティティが形成されています。この2重になった自己は今後、現実における生活に関連した仕事を継続して行ないますが、同時に、新たな時代においては、自分の焦点、および、意図、要望により種蒔きをしています。このつなぎのアイデンティティは今後、両方の世界を毎日歩くことが可能になりますが、みなさんの内面の世界を出ると姿を現わす人もいれば、見えなくなる人もいます。

このつなぎのアイデンティティによってみなさんは、新たな時代のエネルギーと自分とを完全に融合することになります。このアイデンティティはフューチャー・セルフに基づくことになります。今後、みなさんは自分の共振によって統合を形成することが可能になりますが、その程度に応じて、このフューチャー・セルフは今後、自身のエネルギーとガイダンスを貸し出すことが可能になります。みなさんが自分の意思と意識をこの将来の「自分」に向けると、この「セルフ」が存在している時間枠に身を置くことによって、その考えと感情に調和することができます。

混じり合い調和する技術を磨く方法

将来、「混じり合う」ことは一般的な技術になります。みなさんは既にある程度、行っています。他の人たちと一緒に時間を過ごすとき、自分のエネルギーをその人たちと調和させ、混じり合います。みなさんは今後頻繁に、自分が知っている、この人のことについて他の人たちから聞いたことがないのに気づくことになります。みなさんは、彼らの知識と理解に基づいた、新たな技術を開発し始めるかもしれません。これは均等な分担であり、同様に彼らはみなさんの知識と経験を利用します。

ほぼ同じ方法による、直観的なカウンセリング・ワーク

短かい間、みなさんは直感的な意識の中に足を踏み入れ、スピリットの目から自分を眺めます。みなさんが完全な愛と慈しみで自分を眺めると、即座に癒されます。それはこの瞬間、つまり、みなさんが自分のギフトと傷を並べて眺めるのと同様に、繋がっているスレッドに気づく瞬間です。みなさんが聖なる傷のメッセージを受け取るとき、カルマの輪廻から完全に降りることになります。

聖なる傷の性質

一人一人の人生の早期に、聖なる傷は顕在意識に「刻印」されます。通常、一組の状況を通して刻印されますが、ただ一つの事故を通して刻印される可能性もあります。聖なる傷を形成する可能性があるのは病気、または、事故、家庭の混乱、一見したところでは克服できない課題を通してです。根本では、聖なる傷は、過去生から繰り越されたカルマのレッスンです。息を引き取るまで、人はひとりひとり探求を始め、この時代の自分のカルマのレッスンを満たす、理解を得ます。一旦このレッスンが満たされれば、人は情緒的な自由を完全に達成し、カルマの輪廻から降りることができます。一旦、感情と衝動の奴隷化から自由になると、顕在意識は自由になり、ハイヤーセルフとの協力関係を結び、地球で別の人生の計画を書き直すことができます。この計画には通常、才能、および、地球の知識、スピリチュアルな知恵を使用する方法を作成することによって、自分の目覚めのプロセスで他の人を支援することが含まれます。意識が一旦目覚めると、他の人たちの目覚めの過程を支援したいという、自然な望みを経験します。

目覚めた意識こそ、新たな時代である

想像してください。自分が暗い部屋で「目覚め」、まわりの人たちが眠ってるのに気づくことを。さらに詳しく観察すると、部屋が埃とクモの巣だらけで、空気が淀んでいるのに気づきます。みなさんはとっさにドアを開け、新鮮な空気と日光を入れ、次に、他の人たちを肘で軽くつつき始めます。

一人が起きて他の人を肘で軽くつついて起こし始めると、宇宙全体が活性化されます。ガイダンスと援助がたくさん降りてくる人は、地球の耳目であり、手足であり、スピリットである、自分の意識のドアと窓を開けている人です。このように目覚めれば、みなさんは地球に転生したスピリットになることができます。これを実現するには、自分の聖なる傷を受け容れ、その傷のメッセージに自分を開き、この知恵を使ってどんなときも自分を癒すことです。一旦こうすれば、さらにカルマの輪廻から降りて、「天」と「地」を結ぶことができます。

多数の魂が転生することを決めたこの時代、地球という飛行機の上で活性化したエネルギーによって目覚めのプロセスが促進されています。多数の古い魂が、光をこの時代に固定するために選ばれました。その他の魂は、エネルギー・スペクトルに沿って他の点を指摘するためにやって来ました。この重要な時代、あらゆる時間が固定されている小宇宙において、人間の意識が大きく飛躍することができるように闇と光が手を取り合っています。

「The Future is Here Now」からの抜粋:Steps to Accessing Fifth-Dimensional Consciousness By DL Zeta
詳しくは、 http://www.celestialvision.com/を訪問ください。
関連記事

日本語訳:チャネリング・メッセージ

日本語訳:チャネリングメッセージ「新生地球は、人類の顕在意識という宇宙におけるエネルギーの郵便番号である」 #spiritualjp

The New Earth is an Energetic Zip Code in the Universe of Human Consciousness

2010年10月3日 午後5:41
チャネラー:DL Zeta

新生地球というエネルギー・フィールドは生きており、人類の顕在意識という宇宙における固有の郵便番号を有します。

このエネルギー・フィールドは、最近の時間枠に顕現または出現したものではありません。この場所は以前から人類の顕在意識に常駐しており、輝く富、および、あらゆる人が進んでチューニングする一斉放送を発信していました。この周波数は、無条件の愛、および、平和、ワンネスの周波数と調和して存在しています。

みなさんは疑問に思うでしょう。以前から常駐していたとしたら、なぜ、新生地球のこの一斉放送にチューニングしないと決めた魂が今まで多かったのかと。さらに、なぜ未だに無視する魂があるのかと。

新生地球のパワフルな「コードとキー」

新生地球のエネルギーのコードとキーは非常にパワフルなので、一人一人の内にある秘密の部屋の鍵を開ける能力を持ちます。見えない部屋の中身が一旦明らかになれば、癒され、スピリチュアルな理解に到るに違いありません。多くの人たちはそれに取り組む準備ができません。

新生地球との協調を妨げる障害

依存症は、多くの人が新生地球の周波数から目を背ける理由の一つです。われわれが言いたいのは薬物乱用という意味の依存症に限らず、もっと広い意味の依存症である、物理的な現実への過剰投資です。この依存症という一種のエネルギー状態は、薬物、ゴール、人間、生活様式といった形式、つまり意識を奴隷化するあらゆるものである可能性があります。

恐れは、依存症と密接な関係があります。エネルギーのもっと高い周波数に降伏するのが困難な人が多いのは、自分という存在のコントロールを失うという恐れのせいです。確かに、スピリチュアルの道に沿って移動するとき、人生のある面が変化しているのに気づくことがあります。必要な理解がもたらされる道に沿って進むよう、ハイヤーセルフから促されることがあります。しかしながら、このような変化を恐れるのは、一種の誤解です。

潜在意識の若い面がスピリチュアルな成長に抵抗するのは、旧来の情緒的なドラマに固定されているときです。共時的に、恐れを手放して新生地球の周波数と協調すると、癒すべき認識がもたらされ、みなさんはこれらの若く抵抗する面が解放される状況に導かれます。

「洞察力」対「抵抗感」

洞察力と抵抗感は違います。みなさんが新生地球の周波数と一旦協調したなら、自分と他人の至高善に仕えるエネルギー・スペクトルに沿った現実を識別し設計する権限が賦与されます。みなさんが古いパターンの恐れに固定されたままであれば、経験する現実を作成もしていなければ選択もしていないことになります。もっと正確に言うと、過去に作成された古い状況の囚人であり続けることを選択しているのです。過去に固定されたままでいるためには、自分が不幸かつ無力な存在であると宇宙へ宣言することです。本当は無限である自分という存在を否定すれば、自分のスピリチュアルな能力にアクセスする能力を失います。

新生地球の周波数に開示しこれと協調し始めると、祝福と愛の高められた状態に優しく導かれることが可能になります。こうすれば、みなさんの潜在意識は輝く富と新たな時代への前線基地になります。輝く富としては、人類の潜在意識という宇宙において、みなさんは他の人がパワフルかつ愛すべきこの地を認識し調和するのを支援することができます。

新生地球についてさらに詳しくは、以下の「The Future is Here Now」を参照してください:Steps to Accessing Fifth-Dimensional Consciousness By DL Zeta
http://www.celestialvision.com/
関連記事

銀河人

銀河連邦オープンコンタクトにて受け取ったメッセージ #spiritualjp #hemisync

今日10月3日の天気は曇り時々晴れです。天気予報はずっと雨でした。

自宅マンションと道路を一本隔てて建っている、公立小学校では、朝から運動会が開催されています。昨日から校庭に万国旗がはためいているのを観ながら、「天気が雨では開催できないだろうか」などと、要らぬ気を揉んでいました。
順調にプログラムもすすんでいるようで、こちらも嬉しい気持ち。。。

さてさて、今日は午前11時から、銀河連邦のオープンコンタクトに自宅から参加いたしました。

ヘミシンクのゲートウェイエクスペリエンスを聴きながら、フォーカス15の意識で、銀河連邦の瞑想に参加することを明言しました。
しばらくすると足先がピリピリして頭頂部から光が入ってきました。
主催者の古谷さんらしき方とテレパシーで会話しました。

わたし「今日ははじめて、自宅から参加させていただきます。よろしくお願いします。」
古谷さん「こちらこそ、よろしくお願いします。リラックスしてメッセージを受け取ってください。受け取ったメッセージは報告願います。」と。

グラウンディングし宇宙に意識を飛ばし、ハートチャクラで天と地を繋いでしばらく瞑想していると、「プレアデスから」と名乗る高次の光の存在からメッセージを頂きました。

われわれは地球人とコンタクトしようと時期を見計らっています。というのも、突然姿を現すと、「攻撃されて侵略されてしまう」という恐怖からパニックに陥る人が少なくなく、興奮のあまり社会的な大混乱が起こるかもしれないからです。

われわれは地球人にできるだけ恐怖を与えないよう、人型の生命体のヴィジュアルでコンタクトしようと思います。
われわれに敵意や侵略する気持ちがないということを、先に目覚めた地球人の中でもテレパシーの強い人たちから、地球人全員に知ってもらいたいのです。

それと同時に、「被害者意識」をできるだけ捨てることをお願いします。
「被害者意識」のせいで国家間、民族間の紛争が起こります。対立しているコミュニティの人間同士が互いに「被害者意識」から脱して、手を取り合って平和を樹立することが大切です。

宇宙規模でも同じことが言えます。攻撃・侵略される「被害者意識」からわれわれを眺めると、自己防衛のために固くなり、受け取れるはずの真実のメッセージも受け取れなくなります。「被害者意識」を手放し、リラックスして交信してください。

また、われわれは地球人には核兵器を使って欲しくないと願っています。今度核兵器を使用したら、第三次世界大戦で核のために地球は滅んでしまうからです。
核兵器を使用したくてしかたのない人たちがいます。
彼らに核兵器を使用させないよう、われわれはすでに何度か合図を発信しました。
今後数年間は、核の脅威がありますが、われわれは今後も粘り強く核兵器の不使用を訴えていこうと思います。

地球人が「被害者意識」を抱きやすいのは「食物の不足から飢える」恐怖を数千年にわたって体験してきたからです。食べ物を奪い合ってきた歴史から、自己防衛本能が発達しました。
今後、フリーエネルギーが使われて普及すれば、もう食料は不足しなくなります。
また、これから地球人の身体が変化し、太陽エネルギーを「みぞおちのチャクラ」から直接吸収できるようになります。少量の食べ物を食べるだけですむので、奪い合う必要がなくなります。
食物体系上位の肉食は、まったく必要なくなります。
次第に地球人の意識も変化し、平和で温和な性質になります。
どうか安心してください。リラックスしてください。必要なものは必要なときに手元に届きますから。

わたし「今日はありがとうございました。」


関連記事

学校行事

東京都選出の国会議員に「ゆきとどいた教育をもとめる署名」の紹介議員になってくださるよう、要請しました。

今日の南関東は晴れ時々曇りでした。

下の娘が通う私立高校の私学のつどいの活動で、国会議員会館を訪問し、東京都選出の国会議員に、「ゆきとどいた教育をもとめる署名」の紹介議員になってくださるよう、要請するためです。

高校に加えて小学校・中学のほか、他校からも合計160名の父母、教師、OB,OGが13のグループに分かれて衆参両院の議員のお部屋を訪問しました。

わたしの所属グループは参議員五名を担当しました。
衆議院第二議員会館10階より眺望-画像-0050
写真は、参議院議員会館10階よりの眺望です。

本日10月1日は、あいにくと参議院の本会議初日です。
前もってアポをとっていたのですが、本会議の日程は間近に確定するということです。予想通り各議員は本会議に出席されており、秘書が対応くださいました。
各議員の秘書の方には、ご多忙中、お時間をいただきありがとうございました。

民主党の川合孝典・参議院議秘書からは、民主党は与党になったので紹介議員にはなれないという民主党の方針が説明されました。残念です。
署名は、要望として受け付けられるとのことでした。自民党が与党時代には、ある自民党議員さんは署名の紹介議員になってくださったそうです。教育費公費助成を進めている民主党の方針としては、少し狭量な感じがしました。

共産党から選出された、田村智子参議院議員では、秘書が対応くださり、もともと教育費の公費助成などには興味・関心が強く、早稲田大学大学中には学費値下げ運動もされたとのこと。今年選出されたので、紹介議員になることを検討くださるという、良い感触でした。
やはりというか、共産党の田村智子参議院議員の秘書の方には、応接室に通してソファに座らせていただき、お茶までサービスされ、訪問者全員との写メール撮影に応じていただきました。
ほかの議員にはなかった、篤いおもてなしにウルウルっとしそうになりました。署名の紹介議員のお役目、ご快諾いただけますよう期待してます。

民主党から選出された、西村正美参議院議員でも秘書が対応くださいました。丁寧に名刺をいただき、写メールにも快く応じてくださり、ありがとうございます。女性が働く上で教育問題は重要なので、「幼保一元化」を目指して活動されているとのことでした

自民党から選出された、丸山和也参議院議員では、秘書というか留守番の男性が対応くださいました。「本人が国会に出ているので、留守番のわたしにはわからない。前もって本人とアポをとってくれ」の一本調子。アポとってますけど。。。あきれてしまいました。印象最悪でした。

本会議の初日にアポをとっていたのは、たしかに間が悪かったかもしれませんが。それは、数ヶ月前のことなので思い通りにはならないのです。

実際に行動して見聞したことは、今まで聞いていただけとは、エライ違いでした。自民党と共産党の秘書の違いが対極的、確かにオモロー!!です。民主党議員でも差が大きく、どーしたんでしょーか、与党ですからしっかり整合してほしいです。

民主党はかねてから噂の通り、いろいろな主義主張・政治信条の議員の「寄せ集め」であり、一枚岩ではないのかもしれないという疑念が強まりました。

私学高校に2人の娘がお世話になっている関係で、国会議員会館に初訪問することができました。いつもはメディアやインターネットでしか知らない国政(各党各議員の方針)の実情を少しだけ垣間見られたような気がします。

プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。