スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学

無価値観を癒す 頑張らないと自分には価値がないと思ってしまうとき

前回の記事に関連します。

自分は十分頑張っているのに、もっと頑張らないとだめだ、周囲から認められないと思ってしまい、さらに自分に鞭を打ってしまうという方に、「もう頑張らなくても良いよ」「十分頑張っているよ」「そのままで良いよ」と言ってあげたくなります。

頑張らないと自分には価値がないと思ってしまう、そういう心の癖がある人にはまず、「自分はありのままで価値がある」と何度でも宣言することをお勧めします。

バカでも、駄目でも、怠けものでも、失敗ばかりしても、「それで良い」と、等身大の自分をまず受け入れてください。

高みを目指して頑張り続けるのが好きな方もおられます。向上心が強い方ですね。

そんな方も、時には「ありのままの自分で良い」と自分を認めてあげてください。
そうでないと、引っ張りすぎたゴムが伸び切ってもとに戻らないように、疲れきってしまいます。バーンアウト燃えつき症候群のように疲労してしまいます。

いつもいつも頑張りすぎる、自分を鞭打ってしまう方は、ときどき等身大のご自分の価値を認めてください。

自分のありのままの価値を認められない方は、たいてい、周囲の方のありのままの価値も認められない傾向にあります。

ときには周囲の方のありのままの価値も認めてあげてください。

人間関係はバランスです。

ご夫婦、カップルでも、片方が頑張りすぎてありのままを認められない方だと、もう片方は限りなくだらしなくなっている、ただし仏さまのように自他を許している場合があります。

ときにはパートナーとのバランスを取り戻すために、頑張らないこともお試しください。

反対に、人生に一度くらいは、頑張って頑張って限界まで挑むことは大事です。
いつもいつも自分をかばって安全圏にとどまっている方には、ときには思いきった冒険も必要です。

以前から学ばせていただいているウェブサイト『カウンセリングサービス』の記事「頑張りすぎていませんか? 頑張らなくていいの(1)」はこちら
スポンサーサイト

心理学

カウンセリング・サービスより「責任感の心理~人生にYES!と言う姿勢」 #spiritualjp

いつも学ばせていただいているサイト「Counseling Service~カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座」は、毎週月曜日と木曜日に更新されています。

今週月曜日の記事「Lecture.511 責任感の心理~人生にYES!と言う姿勢~」では、カウンセラー岡崎陽子氏が「責任感が重く感じられるときの感情と対処方法」について述べられています。これはスピリチュアルの世界でいうところの、善悪・正邪・評価・判断という二元論を超越する「統合(受容・ワンネス)」に関わる心理であり、心理学的な手法でありながら同時にスピリチュアル的なアプローチでもあると思いました。

わたしと同じように責任感が重く感じられ、罪悪感などに悩まされている方は、ご一読いただければと思います。

概要は次の通りです。

責任感には2つあります。1つは、「この件に関しては受けて立とう!」というような、能動的な気持ちからくる、自然なリーダーシップ。そしてもう1つは、「責められそうだから嫌だけどやらなきゃ・・」というような犠牲をもとにした重責感です。前者のポジティブなものは、その人の器や才能に関わるものですが、後者は罪悪感の罠に嵌ってしまっている状態です。後者の場合は、「自分で選んだ」という自主的な感じがなく、やる気も出ませんね。
今、自分が持っているものや環境は、自分で意識できたかできなかったかに関わらず、≪自分で選んできたことの結果なのだ≫ということに直面することが出来たら、私たちは人生の道中に失ってきたパワーを、今ここに取り戻すことができるのです。
今回は「責任感って何だろう?どうして感じるのだろう?」というリクエストにお答えしてお話ししていきます


今、わたし自身が自分の責任感と向き合い、今ここで生きている自分の人生が≪自分で選んできたことの結果なのだ≫ということに直面する課題に直面しています。

幼いころから旧家の跡継ぎとして育てられ、それを果たすことのできない自分を不甲斐なく思い罪悪感を感じながら、任務を押しつけてきた父親を忌み嫌い悪役として仕立て上げ自分の人生の責任を父親に転嫁してきたという、自分のシャドー(影)と向き合うことです。

このタイミングで、先月(2011年8月)巡り合ったのは、Mana著「空(くう) 舞い降りた神秘の暗号」に掲載されている、統合の瞑想*の方法です。この著書については、わたしの師匠である八雲先生ブログ記事でご紹介されていました。*:Mana著「空(くう) 舞い降りた神秘の暗号」で掲載されている、統合の瞑想方法の一つは、自分が忌み嫌っていること人および過去の出来事・場所などをイメージしてそれらをすべて自分の両腕に抱え、すべてを受容し一体化することで、忌み嫌うことに費やしていたエネルギーを自分に統合するものです。

この統合瞑想と同時並行的に、カウンセラー岡崎陽子さんの記事、「Lecture.511 責任感の心理~人生にYES!と言う姿勢~」で心理学的なアプローチもできると知り、心理学的なアプローチも試してみたいと思います。

以下に、「Lecture.511 責任感の心理~人生にYES!と言う姿勢~」の本文から、私の心に響いた個所を抜き出して覚書としてしたためます。

心理学

互いの価値観の優先順位を知る

8月も押し迫ってきました。
日の入り時刻が遅くなり、夜風が大分涼しく感じられます。
秋の虫の音も聞こえます。テレビの気象予報士によると「今年の夏は長く、秋が短い」とのことですが、きっちり秋の気配がしています。

長い人生です。ときどき、会社の同僚の中にも、お稽古事でご一緒する奥様の中にも「自分の価値観が正しい。ほかの人の価値観は間違っている」という方に遭遇することがあります。

「自分の価値観(の優先順位)が正しい」という信念を持つことはある意味、迷いがなく生きやすいとお察しいたします。
でも、自分の価値観(の優先順位)を他人に押し付ける場合は、世話焼きおせっかいオバサンに変身して、回りにとって少し迷惑な、顰蹙を買うことも。。。

こんなとき「もしかしたら相手は自分と異なる価値観の優先順位を持っているかもしれない」という「余裕」「ゆとり」「のりしろ」を考えれば、価値観の押し付けにならず、さわやかな人間関係を構築できるでしょう。

ここで「ミソ」となるのは「優先順位」という言葉です。
価値観は絶対的なものではなく、自分の内部で優先度順に並んでいる、つまり、時と場合によっては優先度が上下する、「可変的」なものであるということです。

優先順位が「不可変」である絶対的なものですと非常に硬直化して、周囲や自分の心と摩擦が生じやすい。。。辛くなります。それが「可変」ですと、外部とも自分の内面とも柔軟に折り合いが付きやすい。。。まことに具合がよろしいわけです。
何事も「ほどほど」のところで、お互いの価値観の優先順位を認められたらいいなと思います。

でも、わたしがこんな風に「もしかしたら相手は自分と異なる価値観を持っているかもしれない」とふと冷静に考えられるのは、「価値観の全く異なる人々」との出会いと摩擦のおかげかもしれません。。。

思春期からずっと心(価値観)の平行線を辿ってきた父親、社会に出てから遭遇した「たたき上げの課長」や転職後に遭遇した「ロボットみたいな上司」、子育て中に地域社会で遭遇した「分からず屋」の自治会の年長者たち、保育園や公立小中学校で遭遇した「やる気ゼロの『でもしか』先生」、学童クラブの「石頭の父母たち」など。。。

こうして、どんなときでも「世間話」で相手をありのまま「受け流す」術が身に着けられるには、数十年掛かりました。

今日のモナカ寅次郎氏のブログ『宇宙わくわく共創曲オーストラリア支部』Drディマーニの動画:なぜ許すのですかを読んでいて、数十年掛かった、自分の変化・心の成長に気づいて、振り返ってみました。

とかく暴走して「自分の価値観が絶対である」と思い込みそうになるわたし、今後も、こちらの内容を思い出そうと心に留め置きます。
「許す」を超えて、もっと拡大した心の状態から相手と自分を俯瞰して、全体をながめられたら良いなと。。。

モナカ寅次郎さん、いつも学ばせていただいてありがとうございます。

心理学

カウンセリングサービスのご紹介

今日も暑いですね。蒸しますね~。

昨日は夏至でした。2010年の夏至に到来する空前のエネルギーのせいでしょうか、ちょっと体も心も重い感じがしてます。

今回は、浄化の波も大きいようです。過去の辛かったことが思い出されると、自分ではもうかなり回復していたつもりでしたが、まだ辛い部分もあります。

ただでさえ感じやすい思春期の頃、育った家庭環境が少し複雑だったせいか、辛い青春時代を送りました。
今思い返すと、人一倍感受性が強かったせいで、大げさに反応していたとも考えられますが。。。

成人して社会人になり、結婚後は子育てに追われて忙しさにまぎれて、心の傷については無頓着になっていました。

今から10数年前、30歳代の終わりから40歳代の初めにかけて、その頃のことが強く思い出され、辛い時期がありました。
当時、わたしの妹が心理学を専攻して大学院に通っていたので、彼女の知恵を借りて、自分の心の傷の原因と対処について、探っていたことがありました。
セルフカウンセリングの本、アサーションの本などを中心に、心理学の本を読みあさりました。

近頃は、インターネットでも無料カウンセリングを受けられるサイトがあります。
カウンセリングサービス

こちらの回し者ではないですし、無料カウンセリングを受けたわけでもなく、ただ読み物を読んだだけなのですが、心理学の知識、カウンセリングの方法を自分に応用してみました。
それなりに時間はかかりましたが、おかげさまで生きるのがかなり楽になりました。感謝しています。

愛を乞うばかりだった自分から、愛を与えたい、与えられる自分に成長したいと思うまでに、心の成長が果たせたのは、こちらのサイトのおかげです。

よかったら、のぞいてみてください。

また、自分のトラウマに一人で向き合うのは辛いものです。
ときにはカウンセリングの専門家の知恵と力を借りることも大事だと思ってます。

心理学

傷ついた男コレクターな私

楽な恋愛・愛情関係を選択すればよいのに、なぜかいつもハードなパートナーを選択してしまう。

いつも惹かれてしまうのは、父親を幼い頃亡くした人、父親の経済力が弱くて父親不在に近い家庭環境に育った人。

その人はとても傷ついている。幼い頃、頼るべき父親が不在だった人は、強くなろうとして頑張って自分を追い込んで生きている。自分に厳しくストイックで自立したハードボイルドな生き方をしていたり、自分の感情を押し殺して、岩のように氷のように生きている。

男っぽいといえば聞こえはよいが、表面上は明るく見えても、一本気で頑固だし、心の弱い面を容易に見せないので、わかりにくい。

でも本当は、傷ついた戦士、癒しを必要とする人だ。

なぜ、いつも傷ついた男ばかりをコレクトしているのか。

ルーツは、父だった。

台湾に赴任していた、高級官僚だった祖父は、父が12歳のとき、太平洋戦争で戦死している。
父は、幼い弟妹と祖母のため、16歳から働きながら定時制高校に通い、公務員になって、働いた。

父も、本当は傷ついた戦士、癒しを必要とする人だった。。。。

でも、こういう男性とお付き合いするのは、辛い。
まず自分を癒し自分を助ける。自分が癒されたら、はじめて彼らを癒すことができる。
プロフィール

アンジュ翠(みどり)

Author:アンジュ翠(みどり)
2014年8月6日(水)に放送した、「みんな♪天使だに」第5回「双葉ちゃん(プレアデスのアルシオーネつながり)」の動画をYouTubeで公開しました。
Ustreamの番組「みんな♪天使だに」はこちら

番組ではゲストにお迎えした、双葉ちゃんが宇宙語をお話しするようになったいきさつをお聞きし、じっさいに宇宙語でお話しするところを放送いたしました。


第3回放送分「みんな♪天使だに」をYouTubeで公開しました。
今回ゲストにお迎えしたのは、セラピストの岡崎ゆう子さんです。現在、乳飲み子を抱えながらのセラピスト活動の他に、子育て支援の情報を交換するためのUSTREAM番組を放送したいと、「循環」「分かち合い」を取り入れた、子育て支援サークルに関する仕組が今後形に出来ればと、また8月23日に開催する予定のイベントに向けて、準備しておられます。

無料で動画に出演していることについてラブオファー(応援スポンサー)してくださる方は、こちら

無料出演している動画の一覧はこちら

横浜在住。長野県飯田市出身。
津田塾大学・国際関係学科卒。権力論(近代西洋政治思想)を専攻。フランスとイギリスの人権思想を学んだ。
商社の総合職、外資系コンピュータメーカーの技術職の間、ガチガチの個人主義者だった。
結婚・出産退職後、育てにくい子を育てるうちに発達心理学、カウンセリングの本を読み漁り、近年は東洋哲学思想に心酔。
現在、セラピストとして活動中。

2010年2月レイキ・レベル2受講
2011年1月チャネリング講座受講
2011年1月インスピレーション・タロット・リーディング受講
2012年5月マドモアゼル・愛「528Hz MIチューニングPart1」受講
2013年3月から7月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座ベーシック1,2,3」受講
2013年8月Blessinger Shonkaさん「ヴォイスヒーリング講座アドヴァンス」受講
2013年9月「ヴォイスヒーリングWSファシリテータ養成講座」受講
2013年3月から天使関連のシンクロが連発し、10月セラピスト名を「アンジュ翠(みどり)」に改名。
2013年12月アロマテラピー検定1級合格 (日本アロマ環境協会AEAJ)

2013年4月、ナマクラ流ズボラ派の主婦歴23年めに突入。自力整体を始めてから突然着物を着たくなり、毎日、自宅で着物を着ている。座右の銘は「大きな流れに身を任せて」。
趣味は読書、クレイアート(石綿粘土)とピアノ演奏、自力整体、天使の気功たいっち。

数度の光の体験ハートチャクラ覚醒体験クンダリーニ昇華体験、チャネリング能力開花を経て、第三の目が覚醒

*~*~*~*~*~*~*~*~*
twitter-4-1.pngツイッターはこちら
F-asset_f_logo_lg.png facebookはこちら

スピリチュアルナンバー:「11」サイキックマスター
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー
一言で言うと「真のライトワーカー」です。
http://05d.blog34.fc2.com/blog-entry-149.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*
マヤ暦
KIN:240
「黄色い律動の太陽」 Yellow Rhythmic Sun

- 明言 -
私は生命をつり合わせることを照らすために組織する。
私は同等という律動の音で普遍的な火の母体を封印する。
*~*~*~*~*~*~*~*~*

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

メールフォーム
質問などありましたらメールください。折り返しこちらから返信差し上げます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。